体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「22歳のときに年商35億円の会社をつぶしました」 29歳経営者の素顔とは?

「22歳のときに年商35億円の会社をつぶしました」 29歳経営者の素顔とは?

豊臣秀吉や矢沢永吉さんなど、「成り上がり」の物語に胸を熱くしたことはないだろうか。貧しい環境から自分の力で道を切り開き、成功者に上り詰めるストーリーは、勇気をもらえるものだ。

この「成り上がり」ストーリー、今では名経営者と言われる人物が当てはまることが多い。松下幸之助、孫正義氏もそうだ。恵まれない環境から一代で企業を大きくしてきた。

お金持ちに憧れていた普通の少年が『金持ち父さん 貧乏父さん』やお金持ちの友人に触発され、15歳にして起業。ビジネスの道に入り込み、幾多の失敗や挫折を経験し、29歳になった今、資産10億円以上の「お金持ち」になったというストーリーを聞けば、「どんなにすごい人なのだろう」と思うだろう。

正田圭さんの著書である『15歳で起業したぼくが社長になって学んだこと』(CCCメディアハウス刊)を読むと、経営者として駆け抜けてきた正田さんの半生はまさに「成り上がり」そのものだ。「お金」という人間の欲望を増幅させるものが飛び交う世界の中で、「ビジネス」をいかにして学び、自分の手にしてきたのか。

正田さんは、とても落ち着いた口調で丁寧に、29歳の彼自身が見てきた景色を教えてくれた。

(新刊JP編集部)

■「お金持ちになりたい」からビジネスをはじめた中学生

――まず、中学3年生で起業されたという経歴についておうかがいしたいのですが、その前に、「お金持ちになりたい」という漠然とした想いを実際に行動に移すきっかけとなった『金持ち父さん 貧乏父さん』との出会いについてお聞きしていきます。初めて読んだときの印象はどのようなものでしたか?

正田:いくら学校の成績が良くても、お金持ちにはなれないということはとても衝撃的でした。私はこの本を中学3年生の春休み、ハワイに行く飛行機の中で読んだのですが、眠気も覚めてしまって、そのときに最後まで読破しましたね。その後は日本に帰ってから、書店に行って不動産投資の本を読みあさり、不動産を買おうと思って銀行に行ったんですよ。

ただ、銀行にはまともに取り合ってもらえなかったですね。最初は「お父さまの物件ですか?」と聞かれましたし、「自分のです」と伝えると、「収入報告書を出してほしい」と言われ、「収入はありません」と答えると「それではお金は貸せない」と。

――不動産投資は諦めたものの、そこからすぐに株式投資をはじめるわけですよね。中学3年生という若さで特別なことをやっている感覚はありましたか?

正田:実は当時、アメリカに9歳で会社を立ち上げて、15歳でCEOをやっていたキャメロン・ジョンソンさんという人がメディアを賑わせていて、来日して講演なんかをされたりしていたんですね。だから、中学3年生でビジネスを始めるということも特別な感じはしなかったですし、「同じ15歳でもこういう風に活躍している人がいるんだ」と刺激になりました。

――もしキャメロン・ジョンソンさんと出会わなければ、今のような人生を歩んでいなかったかもしれない。

正田:それはどうでしょうか。『金持ち父さん 貧乏父さん』やキャメロン・ジョンソンさんとの出会い、お金に対するコンプレックスなどいくつもの要素がかみ合って今の人生があると思います。

さまざまな偶然が重なって必然となる「セレンディピティ」という考え方もありますし、どんな偶然であってもこういう人生を歩んでいたのかもしれません。

――中学生が0からビジネスを始めるというのは、やはりすごいエピソードだと思いますよ。

正田:はじめは、名刺の作り方も知らなくて、学校で「どこで作るの?」と聞いたことがありましたね。そうすると、クラスメイトの中に親の関係でロータリークラブなんかに出入りしている友達がいて、その人に作り方を教えてもらうということもありました。本当に最初は手探りでしたね。

■若き経営者が考える「日本のお金の教育」

――正田さんはご結婚されていて、お子さんもいらっしゃるとのことですが、ご自身が影響を受けた『金持ち父さん 貧乏父さん』をお子さんに読ませたいと思いますか?

正田:読んでほしいとは思いますが、すでに家の中で私が話しているのを聞いているので、あまり新鮮さはないかもしれませんね(笑)。

『金持ち父さん 貧乏父さん』は、15歳くらいの子が「お金」について興味を持つ上では良いきっかけになる本だと思います。本当は自分の本をそういう役割で読んでもらえると一番良いのですが。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。