ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安心してください!○○やってませんよ。プロ野球選手の天然キャラ列伝!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ3月25日にプロ野球が開幕します。なにかと暗いニュースが多い今季の球界。ぜひともスーパープレーを連発して私達を魅了して欲しいものです。選手のなかには、プレー以外に個性的なキャラクターで、我々を楽しませてくれる選手もいます。

そこで、野球に興味の無い方でも明日から野球が見たくなる、プレーもすごいがキャラクターも個性的(良い意味で!!)という現役選手を天然炸裂のエピソードとともに紹介します。

ソフトバンクは天然(?)選手の宝庫!

【松田宣浩選手】衝撃の治療法

まずは2015年、日本一に大きく貢献した松田選手。プレーだけではなく、明るいキャラクターでチームを引っ張るリーダー的存在です。

彼があるシーズン、右手を骨折。その治療のため酸素カプセルを勧められたそう。酸素カプセルといえば内部に全身で入るものですが、松田選手は、何を思ったのか…

患部である“右手”だけを突っ込んでいたんだとか…

それが功を奏したかはわかりませんが、去年はキャリアハイの35本塁打をマークしています。

トリプルスリーの【柳田悠岐選手】

去年は打率3割、ホームラン30本、30盗塁のトリプルスリーの快挙を達成し、パ・リーグMVPにも選出された柳田選手。そんな偉業を成し遂げた選手もなかなか個性的な人物。

まず、入団会見の際、背番号が44(現在は9)に決まりその印象を聞かれると…

「獅子舞ですか」

百歩譲って『獅子(44)』は理解できますが、『舞』はどうして?となる珍回答。また、とあるシーズンオフ、テレビ番組でゴルフをやることになったところ、コースを見て一言。

「ゴールどこっすか?」

また、とあるインタビューで座右の銘を聞かれた柳田選手は、間髪入れず

「プロテイン!」

もはやよくわかりません……

生けるレジェンド オリックスの糸井嘉男選手

ダルビッシュ投手も絶賛する高い身体能力を持ち、メジャーのスカウトも目をつけるスーパープレーヤー・糸井選手。一方で、現役選手ながら『伝説』として語られるエピソードは衝撃的なものばかり。

球団との契約更改の際、ポケットからハンコを出そうとしたら

“リップクリーム”だった。

とか。WBCに出場し海外での連戦を終え帰国した時には、所属球団の監督が体調を心配し「時差ボケは大丈夫か?」と聞くと

「そういうのは向こうが合わすものなのでありえないです」

……

地球が糸井選手に合わせる…と?

さらに、チームのキャプテンに指名された糸井選手に、記者が「キャプテンマークの重みはどうですか?」と聞くと、ユニホームに縫い付けられているCのマ-クを見ながら、

「結構、軽い素材です」

そんな糸井選手の七夕のイベントで短冊に書いた願い事は、

“頭がもっとよくなりますように”

球史に名を残すであろう3選手の個性的なエピソードはいかがだったでしょうか。天然と置き換えてしまうと身も蓋もないですが、天才が故の独特の世界観と解釈すればリスペクトできます。こんな魅力的な選手がたくさんいるのがプロ野球なのです。今年も色々と楽しみです!

 

野球太郎 No.18 2016プロ野球選手名鑑+ドラフト候補名鑑
Fujisan.co.jpより

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP