ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サザエで作ったラジオ「SAZAE RADIO」発売、槇原敬之、シシド・カフカら出演の動画も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベイエフエムが、千葉県館山で獲れたサザエの貝殻を使用した「SAZAE RADIO(サザエラジオ)」を、4月1日より発売する。

それにともない、bayfmでレギュラー番組を担当している槇原敬之、押切もえ、斎藤工、シシド・カフカ、DOBERMAN INFINITY、バズーカ山寺(山寺宏一)が「SAZAE RADIO」について語る、スペシャルWEBムービー『【SAZAE RADIO】bayfmがつくったサザエ型ラジオ|New Radio Device from the Sea.』篇を、特設サイトおよびYouTubeで本日から公開している。

【SAZAE RADIO】bayfmがつくったサザエ型ラジオ|New Radio Device from the Sea.

「SAZAE RADIO(サザエラジオ)」商品概要
「SAZAE RADIO」
1個 3980円(税込)
限定100個(応募者多数の場合は抽選)

4月1日(金)12:00より、bayfm「SAZAE RADIO」特設サイトで申し込み受付をスタート
4月30日(土)24:00で受付終了、発送は5月中旬頃を予定

撮影エピソード
斎藤工さんは、自分で食べたサザエの貝殻をお店から持ち帰り、自宅でオブジェとして飾っているほど根っからの “サザエ好き”。サザエの形を表現する際、「スタイルがいい」と擬人化して表現するなど、大好きなサザエがラジオになるということで、終始とても楽しそうに撮影に臨んでいました。

一方、サザエの貝殻で作られた急須と湯呑みを所有しているという槇原敬之さんも“サザエ好き”の一人。ところが、あまりにもかわいすぎて、まだ使えてないのだとか。撮影では出演者の中で誰よりも「かわいい!」を連発して、現場を大いに盛り上げていました。

徹底的に音にこだわった「SAZAE RADIO」。もちろん、サザエの口を伏せて置いても、使えるように設計されています。硬い机や家具に音が反響して、よく聴こえます。そのことをシシド・カフカさんに伝えると、おもむろに「SAZAE RADIO」のスピーカー部分をテーブルに伏せて、その状態でラジオを聴くスタイル「カフカ置き」を提案。

「SAZAE RADIO」はひとつひとつ形や大きさが異なります。千葉県出身の押切もえさんは「機械って感じのデザインじゃないのがいいですよね」「すごい手になじみます」と驚きの表情。「ラジオって人の声と音楽がそばに聴こえるツールだから、こうやって聴けるのが嬉しい」という感想を話してくれました。

また、目をつぶった状態で「SAZAE RADIO」を渡し、持った感覚や最初に見たときの驚きを語っていただいたのは、DOBERMAN INFINITYさん。一斉に目を開けたメンバーから「これいいじゃん!」「欲しい!」というリアクションや「海でバーベキューをした時みんなで聴くのがいい」というコメントも飛び出しました。

SAZAE RADIO特設サイト
http://www.bayfm.co.jp/sazaeradio/

関連リンク

bay fm公式ホームページhttp://www.bayfm.co.jp/

Musicman.net
カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP