ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】ショーンKが週刊文春編集部に出現 / なぜ名前が「ショーン・マクアードル川上」なのか激白 → 2人の父親がいた事が判明!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

学歴詐称や身長詐称や偽名疑惑などで物議をかもしている、経営コンサルティング業のショーン・マクアードル川上(本名: 川上伸一郎)。脳科学者の茂木健一郎氏がショーンKを擁護する発言をして炎上しているが、新たな展開があった。

・週刊文春編集部に出現して激白
本名は川上伸一郎なのに、どうして「ショーン・マクアードル川上」という名前を使っていたのか? その件に関して説明すべく、ショーンKが週刊文春編集部に出現して激白したというのだ! 以下は、マスコミ関係者の声である。

・マスコミ関係者の声
「ショーンKは文春のスクープに驚いたものの、しっかりと説明すべきだと思ったのか、文春編集部を訪れて2時間以上もインタビューに答えたそうですよ。どうしてショーン・マクアードル川上という名前なのか、しっかり説明したそうです。詳しくは3月24日発売の文春に載るそうですが、どうやら、戸籍上の父親と血縁上の父親が違うらしいですよ。血のつながりがある父親がマクアードルさんらしいのです」

・外国人のマクアードル氏の血
父親が2人いた!? なんとも驚きの情報だが、ショーンKの戸籍上の父親はどこから見ても純粋な日本人らしく、やはりショーンKには、外国人のマクアードル氏の血が流れているのだろうか。ちなみに、マスコミ関係者は「整形疑惑について記者が聞くと、ショーンKが挙動不審になってコンタクトが外れてしまい、トイレに行ってしまったらしいです。整形について、真相は闇のままですね」とも語っていた。

https://youtu.be/Q87HJfFzpPc

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/03/23/sean-mcardle-kawakami-bunsyun/

週刊文春

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP