ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3/28付ビルボードジャパンチャートおよび3/14~3/20 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による3月28日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年3月14日〜3月20日)および2016年3月14日〜3月20日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

キスマイ「Gravity」初週21万枚を売り上げ、防弾少年団を押さえてビルボード総合首位獲得

4形態で発売されたKis-My-Ft2「Gravity」が、シングルを21万枚売り上げセールス1位、ルックアップ6位、Twitter6位、ラジオ56位と、シングル・セールスの大差を守り、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。防弾少年団「RUN」は、シングルで12万枚を売上げセールス2位、57,000超のツイート数をマークしTwitter1位のポイントでキスマイを追ったが、他データが奮わず、総合2位となった。

4月6日にアルバム発売を控えるPerfume「FLASH」は、映画『ちはやふる』主題歌として封切りに合わせたメディア露出効果も後押しして、ダウンロードで1位、ラジオ2位、Twitter8位。総合JAPAN Hot100で4位にジャンプアップした。また、フジ系月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が最終回を迎え盛り上がりを見せるなか、主題歌の手嶌葵「明日への手紙」は、ダウンロードとストリーミングで高ポイントを維持、ラジオのポイントも伸ばして、総合で8位から5位に順位を上げている。

『おそ松さん』EDとアジカン「Re:Re:」がアニメチャートでトップ激戦!

社会現象化しつつある人気アニメ『おそ松さん』のエンディング曲「SIX SHAME FACES〜今夜も最高!!!!!!〜」と、同じく今期人気を博す『僕だけがいない街』のオープニング曲であるASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」。この人気2曲が同時リリースされた今週のビルボードアニメチャート。その頂上対決は『おそ松さん』に軍配が上がった。

「SIX SHAME FACES〜今夜も最高!!!!!!〜」は『おそ松さん』第1クールの「SIX SAME FACES〜今夜は最高!!!!!!〜」の続編的作品。メインボーカルはアニメのヒロインである“トト子”のクレジットとなる。同曲はCDセールスで圧倒的なポイント差を獲得。アジカン「Re:Re:」はデジタルセールスで「SIX SHAME FACES〜」を破ったものの、このフィジカル・ポイントの差を覆せず2位に終わった。『おそ松さん』関連曲は今週、2クール分のオープニングとエンディング曲が20位以内にチャートインしており、改めてその強さが浮き彫りになっている。

アジカン「Re:Re:」は前述のデジタルセールス1位に加え、ラジオでも2位、さらにルックアップ2位、Twitter 2位という安定したポイントを獲得。また、上記2曲と同じく3月16日リリースの下野紘「リアル-REAL-」は、CDセールスで「SIX SHAME FACES〜」に続く2位、さらにTwitterで圧倒的な首位を獲得しており、コアファンの存在感が目立った。

『おそ松さん』関連曲、そして秦基博「ひまわりの約束」のような定番ヒットを除き、10週以上のロングヒットとなっているのはflumpool「夜は眠れるかい?」(『亜人』オープニング)のみ。既に大ヒットしている曲を除くと、アニメチャートがどのような状況になっているのか。時折、気にしてみるのも興味深いかも知れない。

ザ・ウィークエンド 全米1位の最新作日本盤リリースで洋楽チャート初の首位をマーク、アリアナの新曲は12位に初登場

ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」が初の首位をマークした、今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

全米&全英1位を記録した話題作『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』の日本盤がついにリリースされたことで、チャートイン18週目ながら、洋楽チャート初の首位を獲得したザ・ウィークエンド。リリースに伴い、先週30位から7位まで大幅にジャンプアップしたエアプレイ・ポイントに加え、KENTO MORIが監修・出演した同曲の日本版ミュージック・ビデオも話題となっており、ツイート・ポイントと動画再生回数も着実に伸ばしている。また、4月には初来日公演が急遽発表され、今後もリスナーやメディアの注目を浴び続けることが予想される。

TOP20圏内に久しぶりのエントリーを果たしたのは、8位のカーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」。花王ハミングのFine CMソングに起用されたことで、デジタル・セールス、そして動画再生回数とストリーミングが上昇傾向にあり、合せて今月末には来日公演を控えていることで、再びその人気が過熱している。また、来日を記念し、新曲やリミックスを収録した『エモーション・リミックス+(プラス)』がリリースされ、今作から「ファースト・タイム」が19位に初登場している。

12位には、先日解禁されたアリアナ・グランデのニュー・シングル「デンジャラス・ウーマン」が初ランクイン。デジタル・セールスはもちろん、エアプレイ・チャートも上昇中で、ミュージック・ビデオが公開されれば、一気にTOP5入りするのは確実だろう。そして先日超待望の来日公演が発表されたアヴィーチーとコンラッド・シューエルによる「テイスト・ザ・フィーリング」は18位に初登場。この曲はコカ・コーラの新グローバル・キャンペーン・ソングとなっており、デジタル・セールスで大健闘している。

text:yokano

2016年3月28日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1

Gravity
Kis-My-Ft2
AVT
20160316
1
2

RUN
防弾少年団
PC
20160315
1
3

SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~
トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(遠藤綾、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)
AVT
20160316
1
4
39
FLASH
Perfume
UJ
20160406
3
5
8
明日への手紙
手嶌葵
V
20160210
9
6
1
君はメロディー
AKB48
K
20160309
5
7
81
Re:Re:
ASIAN KUNG-FU GENERATION
KMU
20160316
3
8
2
もっと
aiko
PC
20160309
7
9
35
さらば涙
ケツメイシ
AVT
20160316
5
10

最後のサヨナラ
JY
SMR
20160316
1
11

リアル-REAL-
下野紘
PC
20160316
1
12
9
Always coming back
ONE OK ROCK
ASI
20160311
3
13
15
Wherever you are
ONE OK ROCK
ASI
20100609
14
14
4
No more
EXILE ATSUSHI + AI
RZN
20160309
3
15
13
PERFECT HUMAN
RADIO FISH
RAC
20160525
5
16
10
復活LOVE

JST
20160224
7
17
23
SUN
星野源
V
20150527
45
18
6
Survivor
BLUE ENCOUNT
KMU
20160309
2
19
20
トリセツ
西野カナ
SMER
20150909
31
20
17
MONSTER WORLD
HOWL BE QUIET
PC
20160309
3

2016年3月28日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1

SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~
トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(遠藤綾、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)
AVT
20160316
1
TX系「おそ松さん」エンディング
2
12
Re:Re:
ASIAN KUNG-FU GENERATION
KMU
20160316
4
CX系「僕だけがいない街」オープニング
3

リアル-REAL-
下野紘
PC
20160316
1
(声優)
4
1
Survivor
BLUE ENCOUNT
KMU
20160309
2
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
5
3
FLY HIGH!!
BURNOUT SYNDROMES
ERJ
20160302
3
MXTV他「ハイキュー!! セカンドシーズン」オープニング
6
6
全力バタンキュー
A応P
SMC
20160210
9
TX系「おそ松さん」オープニング
7
2
MOMENT RING
μ’s
LA
20160302
3
(声優)
8
5
ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
83
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
9
4
空へ
山崎まさよし
EMI
20160302
3
映画「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」主題歌
10
9
夜は眠れるかい?
flumpool
ASI
20160210
10
TBS系「亜人」オープニング
11
10
はなまるぴっぴはよいこだけ
A応P
SMC
20151111
19
TX系「おそ松さん」オープニング
12
11
シュガーソングとビターステップ
UNISON SQUARE GARDEN
TF
20150520
42
MXTV他「血界戦線」エンディング
13
8
それは小さな光のような
さユり
AOJ
20160224
4
CX系「僕だけがいない街」エンディング
14
7
KNOW KNOW KNOW
DOES
KMU
20160302
4
TX系「銀魂°」オープニング
15

紅蓮の弓矢
Linked Horizon
PC
20130710
68
MXTV他「進撃の巨人」オープニング
16
15
あっちむいて
Swimy
AOJ
20160302
3
TX系「銀魂°」エンディング
17
19
Story
AI
EMI
20050518
25
映画「ベイマックス」より
18
18
Raise your flag
MAN WITH A MISSION
SMR
20151014
20
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
19

SIX SAME FACES~今夜は最高!!!!!!~
イヤミ feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(鈴村健一、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)
AVT
20151216
7
TX系「おそ松さん」エンディング
20
13
RPG
SEKAI NO OWARI
TF
20130501
114
映画「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」主題歌

2016年3月28日付 Billboard Japan 国内洋楽

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
9
キャント・フィール・マイ・フェイス
ウィークエンド
UI
20160316
18
2
8
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
49
3
2
ワーク feat.ドレイク
リアーナ
UI
20160210
7
4
3
ソーリー
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
21
5
5
メイク・ミー・ライク・ユー
グウェン・ステファニー
UI
20160318
3
6
4
ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
29
7
15
ピロウトーク
ゼイン
SMJI
20160325
6
8

コール・ミー・メイビー
カーリー・レイ・ジェプセン
UI
20120919
74
9
1
アライヴ
シーア
SMJI
20160203
7
10
6
ザ・サウンド
The 1975
UI
20160226
4
11
12
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
マーク・ロンソン
SMJI
20150304
59
12

デンジャラス・ウーマン
アリアナ・グランデ
UI
20160520
1
13
13
シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!
テイラー・スウィフト
UI
20141029
82
14
19
シュガー
マルーン5
UI
20140903
60
15
10
ハート・ミー
ラプスリー
HSE
20160304
2
16
14
ホエア・ザ・ライト・ゲッツ・イン
プライマル・スクリーム
SMJI
20160316
5
17
17
イフ・ラー
アンダーワールド

20160316
2
18

テイスト・ザ・フィーリング
アヴィーチーvs.コンラッド・シューエル
UI
 
1
19

ファースト・タイム
カーリー・レイ・ジェプセン
UI
20160318
1
20

ファイト・ソング
レイチェル・プラッテン
SMJI
20160413
1

RADIO ON AIR DATA 3/14〜3/20 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1
MONSTER WORLD
HOWL BE QUIET
2
FLASH
Perfume
3
キャント・フィール・マイ・フェイス
ウィークエンド
4
メイク・ミー・ライク・ユー
グウェン・ステファニー
4
さらば涙
ケツメイシ

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP