ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DJ KOO 「ロスで行方不明事件」の顛末を明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1990年代に一大旋風を巻き起こした「TRF」のリーダーでありながら、最近はテレビで見せる天然ボケな立ち居振る舞いで人気のDJ KOO(54)。かつてのTRFのブレイク前夜、彼がロサンゼルスで行方不明となり、一大騒動に発展していたことを著書『EZ DO LIFE!』で打ち明け、「今に至る片鱗」と話題を集めている。DJ KOO本人が、当時のことを振り返る。

「TRFがブレイクした2ndシングル『EZ DO DANCE』のレコーディングはロンドンで行ない、帰りにロスでトランジットとなった。その際、小室(哲哉)さんから『ずっと休みを取っていないから、ロスでゆっくりしていきなよ』との提案を受け、行きつけのホテルを紹介してもらったんです」

 小室と別れ、空港から一人、タクシーでホテルへと向かったKOO。ところが、案の定というか、予想通り、そのホテルは豪華絢爛な門構え。当時、DJの仕事がほとんどなく、アルバイトも辞めてしまっていた彼は、「こんなところに泊まれない」と、そのままタクシーで通り過ぎ、結局、1泊40ドルのモーテルにチェックインした。

 1泊で帰る予定だったが、何もかも捨てて小室の付き人のような生活を始めてから半年余り。忙しい日常から解放され、ホテルの部屋で久しぶりに一人きりになった彼を突然、強烈な不安感が襲ったのだという。部屋を飛び出した彼は、サンタモニカのビーチをレンタサイクルでひた走った。

「帰りの便の変更がきいたので、その後も自転車でビーチをボーッと走り続けました。ある日、小室さんの『Omoide o Okizarinishite』という曲を聴きながら走っていたら、突然、グァーッと熱いものがこみ上げてきて。こんなすばらしい音楽を作る人なんだから、やっぱり何も考えず、小室さんを信じてついていこうと改めて決心できたんです」

 DJ KOOが「信頼できるところはひとつでいい」、あとは信頼し続ければいいとのKOO(教)訓を得て、心持ちもすっきりさせて帰国できたのは、結局、5日後のこと。ところが、日本では大変な騒ぎになっていたという。

「紹介されたホテルにも泊まっておらず、家族にも何の連絡もなく、完全に行方不明扱いでした。エイベックスから妻には、『大変申し上げにくいのですが、消息が途切れておりまして』と、切羽詰まった連絡が入った。ボクの性格を知っている妻は、みんなの心配をよそに笑っていたそうですが……」

◆DJ KOO(ディージェイ・コー):1961年生まれ、東京都出身。数々の人気ディスコでDJを務め、日本初のノンストップ・ミックスCDなどを手がける。1993年、小室哲哉プロデュースの「TRF」活動開始。『EZ DO DANCE』『survival dAnce ~no no cry more~』『Overnight Sensation』などが次々と大ヒットし、CD総売上は2170万枚超。初の著書『EZ DO LIFE!』は、『王様のブランチ』の「文芸書ランキングTOP10」入りするなど話題沸騰中。

【関連記事】
併設の割烹料理店の料理が味わえるラブホ評論家推薦の一軒
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書
女子会プランが人気のラブホテル フラワーバスや岩盤浴も完備

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。