ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

警察は暴力団にいてもらわなくては困る事情あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 暴力団対策法成立から25年。加えて、暴排条例によって、警察のヤクザに対する取り締まりは激しさを増し、組織の数や構成員の数は確実に減った。それでも、警察は本気で暴力団を潰そうとしているようには見えないと、暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏はいう。これからのヤクザはどのような変化をしてゆくのか、溝口氏と鈴木氏が論じた。

 * * *
鈴木:今までのような抗争は、もうできなくなっているかもしれません。

溝口:私は今後、抗争の形はふたつになると思うんです。ひとつは暗殺。相手の組織の要人を殺人だったのか、事故だったのか分からないような形で殺す。もちろん殺したヒットマンも明かさない。

 もうひとつが半グレ集団のように金属バットや角材、ビール瓶を使ったケンカを装うやり方。そうした凶器を使えば、暴力団同士の抗争ではなく、ただのケンカだと言い張れる可能性があります。

鈴木:拳銃や刃物に比べて罪が軽い。さらに同じ殺人でも「組事」ではなく、私的な怨恨だと言い張れれば軽くなる。だから偶発的なケンカということにするわけですね。

溝口:抗争できない暴力団になっていくとすると、私は、今後は連合的な広域暴力団は衰退し、地元コミュニティの顔役としてしか、ヤクザの生き残る道はないのではないかと思います。鈴木さんはどうなると見ていますか。

鈴木:暴力団はいわば様々な犯罪を細かく手がける“犯罪の雑貨屋”ですが、今後は海外の犯罪組織のように薬物なら薬物と専門に特化していくのではないかと思います。

 とはいえ、いまだに日本の暴力団は「任侠道」を語っているから、割り切って「犯罪集団」になることはできないのでしょう。

 だから外国人ジャーナリストに「ヤクザ」を説明するのがとても難しい。彼らにとっては、ニンジャ、フジヤマ、ゲイシャ、ショウグンと同じカテゴリーにヤクザも入っている(笑)。 もともと暴力団は権力に迎合してすり寄ることで生き延びてきました。警察も、ある程度言うことを聞いていれば、逃げ道を用意してくれる。これからも細々と続いていくのではないでしょうか。

溝口:警察内部には「暴力団は治安維持のために必要だ」という考えが伝統的にあります。日本では世界でも希なことに、暴力団の存在を違法ではないとして、暴対法で認めている。  一方、暴排条例は法律よりも下位の自治体が定める条例でありながら、みかじめ料を払ったほうを罰するなど「暴力団対住民」という構図を作り、事実上、暴力団の存在を許していない。警察内部にも「暴排条例は行き過ぎだ」という声もある。

鈴木:最近、暴力団は分かりやすい犯罪をしなくなった。検挙できないから、警察もイチャモンを付けて取り締まっている。いまヤクザはクレジットカードや銀行口座を作っても、車を買っても逮捕されます。

溝口:今年1月、稲川会直参の組長がホテルに宿泊したときに職業欄に「暴力団」と書かなかったからということで、詐欺の疑いで逮捕されました。さすがにヤクザからも「オレたちに基本的人権はないのか」と、反発の声が上がりはじめている。

 しかし見方を変えれば、日本も組織犯罪集団に対して、ようやく諸外国並みの法規制を持ったとも言えます。

鈴木:ただ、警察は暴力団がない社会は想定していませんよね。

溝口:警察は暴力団対策で多くの人員を抱えている。紅組と白組がいないと紅白歌合戦ができないように、警察も、暴力団にいてもらわなくては困るという事情があるのです。コントロール下にあるなら、暴力団は存在しても構わないというのが本音でしょう。

 しかし、今後は暴力団が水面下にもぐって犯罪をしていくことが想定されるのだから、警察はその人員を新たな犯罪集団の取り締まりに割くべきではないかと思います。

●すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。『実話時代』編集などを経て、フリージャーナリストに。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)、『山口組 分裂抗争の全内幕』(宝島社、共著)など著書多数。

●みぞぐち・あつし/1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『暴力団』『続・暴力団』(ともに新潮新書)、『新装版 ヤクザ崩壊 半グレ勃興』(講談社+α文庫)など著書多数。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
韓国で政治ヤクザ衰退もインテリヤクザと半グレが増加
ヤクザを調査せぬ税務署 「署員を危険な目に遭わせられぬ」
任侠映画の乱造 社会にヤクザ礼賛の空気形成する援護射撃に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP