ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和スイーツの聖地・自由が丘で長年愛される洋菓子店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月22日放送の「はやドキ!」(TBS系、午前04時00分~)では、オシャレな街として知られる東京・自由が丘で昭和の風景を探す企画を放送。TBSアナウンサーの上村彩子さんが、「モンブラン」(東京都目黒区)を訪れた。

こちらは、約80年前に日本で初めてモンブランを売り出した事で知られる洋菓子店。一番のウリはもちろん「モンブラン」(670円/税込)で、初代社長がヨーロッパに行った際モンブランの山々を見てその感動をスイーツに込めたもの。日本にまだスイーツが少なかった昭和30年代、「モンブラン」を求めて駅まで続く大行列が出来たのだとか。

また、昭和35年に流行した小説「自由ヶ丘夫人」に登場するスイーツ店のモデルにもなっており、その中で自由ヶ丘夫人のお気に入りとして描かれた「シュークリーム」(350円/税込)を紹介。昭和の一時期はモンブランよりも人気があったと言う。上村彩子さんは、「カスタードクリームがもっちりしている感じで、口に入れるとふわっと溶けて広がります!」と美味しそうに食べていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:モンブラン(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:自由が丘のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:自由が丘×カフェ・スイーツのお店一覧
鰹の味が詰まった絶品竜田揚げ!
おひとり様も満足のファストフード型焼肉店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP