体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】たまごかけ“風”焼そばとたまごをかけた焼そばはどう違う!?

写真は

「たまごかけ風焼そば」と“たまごをかけた焼そば”

焼いてないのに“焼きそば”、焼かずにおいしい“焼きそば”と言えばそう、皆さんご存知のカップ焼きそばだ。

ネット上にはいろんなチョイ足しアレンジもあるけれど、今回それらを上回るまったく新しいアレンジを、みずから提案するメーカーが現れた。

その挑戦的なメーカーとは大阪の老舗エースコック、加える一品は“卵”。

温泉卵とかじゃなくて生の卵だ。

写真は

エースコック「たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味」

驚きの新感覚カップ焼きそば「たまごかけ風焼そば まろ旨ソース味」、それがどんな味わいなのか、これは絶対食べてみなければ――。

“卵黄”でまろやかソフトな味わいに

ソース、かやくのキャベツ、卵風味ふりかけ、そして

業界初の新食材“卵黄”を使った“きみまろペースト”が付属。

“たまごかけ“と言っても、さすがにカップ焼きそばに生卵はつけられない。

その代わりについてくるのは、卵の中でも最も濃厚な部分、“卵黄”のおいしさをペースト状にした“きみまろペースト”だ。

食欲をそそる香りに加え、コクと旨味たっぷりの焼きそばソースがからんだ麺に混ぜ合わせると、今までにないまろやかでソフトな味わいが広がる……ということだけど。

“たまごをかけた焼きそば”は旨いのか?そもそも、焼きそばに卵をかけて旨いのか?

そもそも、卵黄のおいしさをペーストにしたといっても、卵黄そのものというわけじゃない。

じゃあ実際に普通のカップ焼きそばに卵をかけて、食べ比べをしてみよう!

写真は

サッポロ一番「オタフクお好みソース味焼そば」

用意したのはサッポロ一番「オタフクお好みソース味焼そば」。

広島県の老舗ソースメーカー、オタフクソースのお好み焼きソースを使った焼きそばだ。

生卵は「たまごかけ風焼そば」のきみまろペーストにあわせて、卵黄だけを使うことにする。

さてさて、「たまごかけ風焼そば」は旨いのか。

“たまごをかけた焼そば”の味わいとはどう違うのか!?

いざ食べ比べ

それでは双方お湯を注いで3分間。

湯を切りソースを混ぜて、“たまご”をトッピングすれば出来上がり。

のびないうちに味わってみよう。

たまごかけ風焼そば

マヨネーズのように白く乳化した“きみまろソース”。

しっかり味がついていて、半熟煮卵の黄身を絡めて食べているよう

まずは「たまごかけ風焼そば」から。

ちょっと色の薄い焼きそばは、鰹節が香る和風ソースのようだ。

“きみまろソース”をかけると、なんだか卵焼きのような香りになった。

味はどうかな?

“きみまろソース”のたっぷりかかったところをひとすすり。

1 2次のページ
もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。