ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スカパラ、最新作はKen Yokoyamaを迎えて制作された歌モノキラースカチューン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スカパラが、Hi-STANDARDのギタリストでもありソロでも活躍するKen Yokoyamaを迎えての夢の最強コラボシングルを6月22日にリリースすることを発表した。

今作は谷中敦作詞の日本語詞を歌うことで、Ken Yokoyamaとしてオリジナル日本語曲を歌唱する事は初の試みとなる。更に、この楽曲は6月25日より公開となる綾野剛主演の映画「日本で一番悪い奴ら」の主題歌にも決定しており、音楽シーンに大きな衝撃を与える1曲になる。

楽曲を制作するにあたりスカパラの谷中敦(baritone sax)がコメントを発表している。

「僕らの時代には反骨のヒーローが輝いて見えました。彼らの生き様には社会人として不適切な行動があったとしても、世俗的な時流や不当な権力に対して抗う姿に、閃きや気づき、世の中を新しくしていこうという生命力の輝きを感じたのです。今は反骨精神の時代ではないのかも知れませんが、今回は、敢えて、スカパラと横山健でそれを謳おうと思ったのです。夢を持って時流に反骨し、挫折しながら世の中を学び、仲間の大切さを知る。これは人生に於いてとても大切なプロセスだと思うのです。」

6月22日に発売される「道なき道、反骨の。」は、作詞を谷中敦、作曲を川上つよしが 務め、Hi-STANDARDからソロ活動時を含めて、Ken Yokoyamaが日本語歌詞で歌った楽曲リリースは、オリジナル作品としては今回が初。さらに、Ken Yokoyamaが映画主題歌を歌うのも初となる。

楽曲で謳われている反骨のヒーローは、綾野が演じる主人公・諸星を想起させ、音楽と映画の最強のコラボレーションが実現している。映画のオフィシャルサイトではトレーラーも観れるということで、このムービーで一足先に「道なき道、反骨の。」を聴く事が出来る。

またカップリングには現在CMで放送されている、さかなクンとのコラボで話題騒然のキ リン氷結CMナンバー「Paradise Has No Border」。一度聞いたら忘れられないキラーフレーズがいくつも飛び出す攻めるアップなインストナンバーになっている。

映画「日本で一番悪い奴ら」オフィシャルサイト
http://www.nichiwaru.com/

リリース情報
「道なき道、反骨の。」
[CD ONLY]1,000円(税抜)
[CD+DVD]2,300円(税抜)

関連リンク

東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルサイトhttp://tokyoska.net
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルYoutubeチャンネルhttp://www.youtube.com/tokyoskanet

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP