体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたがマニャガハ島に行くべきこれだけの理由

Photo credit: Yoichi Ohira「北マリアナ諸島・サイパン」

Photo credit: Yoichi Ohira「北マリアナ諸島・サイパン」

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。今回はサイパン島の近くにあるマニャガハ島をご紹介します。近年、マニャガハ島は多くの観光客から注目されています。それはなぜでしょうか。マニャガハ島が持つ魅力に迫ります。

そもそもマニャガハ島とは

マニャガハ島はサイパン島のガラパン港から船で15分のところにある、周囲1.5kmの無人島です。周囲の海は大変美しく、どこまでも見通せるような透明度が特長です。もちろん、マニャガハ島周辺のマリンスポーツも大変人気です。
島内は無人島ですが、レストランやシャワーなどの設備は完備しているのでご安心を。現地ツアーを利用すると、割安でマニャガハ島を楽しむことができます。なお、宿泊施設はありませんのでご注意ください。

サイパン島からマニャガハ島への行き方

Photo credit: 来馬崇宏「サイパン…南に浮かぶ小さな島は楽園だった」

Photo credit: 来馬崇宏「サイパン…南に浮かぶ小さな島は楽園だった」

それでは、サイパン島からマニャガハ島への行き方を確認しましょう。マニャガハ島へは、現地の旅行会社であるターシツアーズが運営するバス、フェリーが大変便利です。
バスはサイパン島の主要なホテルに止まり、港まで送ってくれます。港からはそのままフェリーでマニャガハ島へ到着。バスとフェリーは1日4往復になります。時間をよく確認して、乗り遅れないようにしましょう。詳しいダイヤは以下のサイトをご覧下さい。

TASI TOURS http://www.tasi-tours.com/

マニャガハ島の自慢① 海がきれい

写真で見ればお分かりの通り、マニャガハ島の自慢は海が綺麗なこと。日本では見られない光景だと思いますよ。
Photo credit: Yoichi Ohira「北マリアナ諸島・サイパン」

Photo credit: Yoichi Ohira「北マリアナ諸島・サイパン」

Photo credit: 来馬崇宏「サイパン…南に浮かぶ小さな島は楽園だった」

Photo credit: 来馬崇宏「サイパン…南に浮かぶ小さな島は楽園だった」

マニャガハ島の自慢② 様々なマリンスポーツが楽しめる

二つ目の自慢が様々なマリンスポーツが楽しめることです。シュノーケリングからパラセイリングまで様々な楽しみ方ができます。

シュノーケリング
Photo credit: 田島知華「【南国へはたったの3時間半!】幻想的なサイパンの海でダイビング」

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。