ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メール一斉送信、ビンゴはNG「ハーバード流宴会術」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE平日(月〜木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。3月22日のオンエアでは、『ハーバード流宴会術』の著者で、グローバルアストロラインズ社・代表取締役社長の児玉教仁さんが登場し、今夜から使える「宴会術」を聞いてみました。

春は歓迎会など宴会の季節。しかし、幹事を任されて悩む方も多いのではないでしょうか。児玉さんは、日本で三菱商事の商社マンとしての宴会術を叩き込まれたあと、ハーバード大学で理論的にビジネスを学んだ経験から「宴会術を理論的に説明できるのでは」と、同書を発表したとか。

そこで、やってしまいがちなNG例と改善方法を教えていただきました。児玉さん曰く大切なのは「参加者を主役にしてあげましょう」ということに起点を置くことだそうです。

■スケジュール確認メールを一斉送信しない
宴会の幹事がまずすることは参加者のスケジュール調整。ここでやりがちなのが、メールやオンラインツールで、一斉にスケジュールを確認してしまうこと。効率が良いのですが、この方法だと誰もが「自分が主役」とは思わず、来ない人も出てきます。

<改善策>
普段、宴会に来ない人に直接声をかける
宴会に来ない、苦手で来づらいと思っている人にとって、宴会は足が遠のきやすいもの。そこで、いの一番に「今度、宴会をやるんですけど候補日が5つくらいあって、是非来てほしいので、1日だけ来れる日を教えてもらえますか」など直接声をかけましょう。「こんなこと言われたら、『今度は行ってみようかな』って思うと思うんですよね。こっちは見てますよ、楽しんでいただけますよ、ということを最初からアピールするんです」(児玉さん)。

■ビンゴゲームはNG
児玉さんは、「ビンゴゲーム絶対NG」と話します。その理由はゲーム中に会話ができないから。そして、景品をもらえない人が多いため、30〜40分の時間を裂いたにも関わらず、終わったあとにビンゴの話題がでないからだそうです。

<改善策>
「Googleゲーム」をやってみる
これは児玉さんが命名したゲームで、Googleの検索窓で自分が務めている会社の社名を検索すると、何件ヒットするか当てるというもの。誰もが参加でき、自分の務めている会社で興味関心があるため、盛り上がるそうです。

宴会でやってしまいがちな事例とその改善策、いかがでしたでしょうか。今夜から宴会術をマスターして、会社での株もあげましょう!

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP