ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

予定日1ヵ月前、突然の腹痛と大出血!泣きながら病院に駆け込んだ私。診断結果は…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠9ヵ月を過ぎ、出産予定日まであと1ヵ月とせまったある日。

突然ズキズキと腹痛が始まりました。

痛みの波は周期的にどんどんやってきます。

「まさか、これが陣痛!?」

と思いましたが、初めての妊娠だったため、どのような痛みが陣痛なのかわかりません。

それに、出産予定日はまだ1ヵ月も先だったので、普通なら陣痛ではないはずです。

痛みは時間が経つごとに、どんどん強くなってきます。

私はたまらなくなって、トイレに駆け込みました。

仕事が休みで家にいた旦那が、心配そうに

「大丈夫か~?」

と声を掛けてくれますが、

「だ……大丈夫」

と返事をするので精一杯。

額にはあぶら汗がにじんできます。

お腹が痛いので、てっきり便が出るかと思ったのですが、たいして出ません。

便座から降りて、振り返ってびっくり!

便器の中は真っ赤な血まみれだったのです!

それも少々の量ではありません。

私はトイレから飛び出し、リビングにいた旦那に

「病院に連れて行って!出血した!」

と叫びました。

旦那はびっくり仰天して大急ぎで車を出す準備を始め、私は病院に泣きながら電話

「至急来てください、念のため入院グッズも持ってきてください」

と言われ、事前に用意していた入院グッズを入れたかばんを持って車に乗り込みました。

病院に着いた私は大急ぎで受付へ、事前に電話をしていたこともあって緊急外来として優先して診てもらえることになりました。

待合室で待っているほかの妊婦さんたちに頭を下げながら、診察室へと入り、早々に内診台に座るように言われて診察開始。

「先生、赤ちゃん大丈夫ですよね!?」

と思わず内診台のカーテン越しに先生に聞きますが、先生は無言のままです。

悪い想像ばかりが頭の中をぐるぐると駆け巡っていると、先生は、

「ハハハ」

と突然笑い出しました。

私は訳がわからず固まっていると、先生は一言

「切れ痔ですよ」

と言ったのです。

「はい……?キ・レ・ヂ?」

と聞き返しながら、私は目がテンに。

先生が言うには、お腹が大きくなって圧迫されることで、充血して出血しやすくなっていたそうです。

あれだけ痛かった腹痛の原因もただの「便意」らしく……。

念のために超音波でお腹を見てもらいましたが、赤ちゃんは元気で異常なし。

ついでに先生からは

「ほら、大量の便が溜まっていますよ。これだけの量が溜まると苦しいでしょう。下剤と整腸剤出しておきますね」

と診断され、私は恥ずかしさと安堵感で放心状態になってしまいました。

確かに、お腹が大きくなってから、便をする時にいきむのが怖くて、いつの間にか便秘になっていたのは事実です。

でもまさか切れ痔になってあんなに大出血するとは思ってもみませんでした。

『もっと食生活に気を付けて、運動もちゃんとしよう……』

帰り道の車の中で、ただただ反省し続けたのは言うまでもありません。

著者:かのぽむ

年齢:32歳

子どもの年齢:4歳の息子と1歳の娘

海辺の田舎町で4歳の息子と1歳の娘、二人の育児に奮闘中の専業主婦です。趣味は羊毛フェルトでハンドメイド作品を作ること。最近は月日の流れがとても早くて、毎日忙しいながらも充実した日々を送っているんだなと感じています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

重たいもの=上の子!?出血して自宅安静、オススメの遊び方は… by ゆずぽん
母親として一歩を踏み出していた私。でも妊娠7週で不意の出血、ショックで動けず…
妊娠17週で突然の出血。すぐ退院したけれど…?不安と戦った、長い長い4週間

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP