ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

落札額は全額陸前高田市へ。「奇跡の一本松」から生まれた万年筆、チャリティーオークションに出品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い、筆記具メーカー「MONTBLANC」がチャリティーオークションを実施する。対象となる商品は、あの“奇跡の一本松”から作られた万年筆、「モンブランマイスターシュテック 奇跡の一本松」だ。

「保存より復興のために…」
試作モデルをオークションへ

今回出品される万年筆は、2015年3月11日に日本国内のみで113本限定販売され即日完売となったものと、同企画で製造された試作モデルだ。同社によると、記者発表会やテレビ番組でのプロモーション用に発売前に作られたものだそう。そのため、インクの充填や試し書きはされたものの、その他仕様は変わらない。

もともと、永年保存が決まっていた試作モデルの万年筆だが、あの震災から5年の節目に陸前高田市のさらなる復興を願い、今回のチャリティーオークションの実現に至ったという。

落札額は全額、
陸前高田市へ寄付

枯死により切り落とされた松の枝を使って万年筆を作りたい──。2012年「奇跡の一本松」復元プロジェクトを指揮していた戸羽太陸前高田市長は、「断られるのを覚悟でMONTBLANCに協力を依頼した」と当時の心境についてインタビューに答えた。

市の情熱は同社の心を動かすには十分だった。MONTBLANC社は、想いの詰まった枝をドイツ・ハンブルグの本社へと持ち帰り、3年余りの歳月をかけて、特別限定万年筆「モンブランマイスターシュテック 奇跡の一松」を生み出した。

113本の万年筆にはシリアルナンバーが刻印され、No.1は陸前高田市へと送られた。ほか112本は震災4年目の当日のうちに完売し、売り上げの20%も同市の復興のためにと寄付された。今回のオークションによる最終落札額も、全額陸前高田市に寄付する予定だという。

入札締め切りは
3月25日(金)18時まで

陸前高田市と東北の想い、さらには創業110年の伝統とクラフトマンシップが融合した万年筆。最低入札価格は、2015年に販売された112本と同じ48万1,000円から。特別な意味と価値を内包した筆記用具は、決して安価なものではない。

今回のチャリティーオークションに興味ある人は、入札ガイドラインを確認の上、こちらから入札フォームがダウンロードできる。

入札条件は3つ。

・日本国内在住者であること

・個人であること

・転売目的ではないこと

Licensed material used with permission by MONTBRANC

関連記事リンク(外部サイト)

卒業パーティー用の貯金で「爆買い」する女子高生。その理由を知ったとき、思わず応援したくなる
「10人中9人が見えない画像」あなたは見える?
Apple社ティム・クックCEOが、FBIの捜査協力要請を拒む理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP