ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

みんなのスケジュール帳♡充実した高校生活をおくる3つの活用ワザ<みんツイ研>

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

”みんなのTweet研究会”では、同世代のTweet内容をデータ分析のエキスパート企業さんと一緒に分析し、頻出したキーワードを元に大学生ライターが記事にしていきます!

今回注目したキーワードは「スケジュール帳」。頻出キーワードに上がるのは意外なものですが、高校時代のスケジュール帳有効活用法について書きたいと思います!

有効活用法1:プリクラを貼って思い出を残す

女子高生時代に遊びに行くとき、必ずと言っていいほどやるのがプリクラ!遊ぶ度に撮ったり、1日に2回以上撮っちゃったりという人も多いのではないでしょうか?

ですが、そのプリクラ。実際にはあまり使い道少なくて撮ったままだったり、余ったりしていませんか?

このプリクラを一枚スケジュール帳に貼っておくと、後から見返して思い出が甦ったり、誰と遊んでいたのかわかったりと、大学生になっても昔のスケジュール帳で楽しめます!またプリクラを見れば何を着ていたのかが分かるので、同じ人の前で同じ服着ちゃった!とうい事故も防げます(笑)

有効活用法2:勉強時間や勉強内容の記録

テスト前や高校3年生を迎え受験生になったときは、スケジュール帳は勉強内容や時間の記録にとっても便利です!

私は受験生のときは毎日勉強時間を計っていたので、手帳にその日の勉強時間合計を書き込んでいました。毎日必ず見るものなので記入し忘れないし、勉強時間を考えながら予定を組むことができます!

また、「◯日は何を勉強する」などの勉強内容も書いておくと勉強し忘れなどがなく、勉強内容から勉強時間を何時間取るか決めたり、逆に勉強時間から勉強内容を決めたりできます。

有効活用法3:”やること付箋”をつける

最後におすすめしたいのが、やることを書き出した付箋をつけることです!私は勉強内容も書き込んでいたのでスケジュール帳には他のことを書き込むスペースがなく、他のやることややりたいことは付箋をつけていました。付箋に書き込むとスケジュール帳を開いたときに一番最初に注目するので忘れることがなく、とっても役立ちます!

大学生になってからは、スケジュールはスマホのアプリ管理になってしまいましたが、高校時代の紙の手帳は今でもたまに見返しちゃいます(笑)思い出に残るよう、使いやすいよう、皆さん工夫してみてくださいね!

大学生ライター

Miyu Harada

慶應義塾大学法学部の1年生。法律の勉強してたり、スタートアップに興味があったり。柴犬と美味しいものが好きです。

関連記事リンク(外部サイト)

いよいよ本番を迎える受験生へ!前日の食事はどうする?
期待を裏切られたホワイトデーのプレゼントとは?<みんツイ研> 
どれぐらいとればいいの?指定校推薦の平均評定

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。