ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニーズJr.新グループLove-tuneが今後の意気込み語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャニーズJr.でまたまた新しい注目グループが登場。その名も、『Love-tune』。4月からシアタークリエ(東京)で始まる『ジャニーズ銀座2016』にも登場するグループメンバー4人にその意気込みを聞いた。

 真田佑馬(23才)は、輝けるグループを目指したいという。

「クリエのことはほぼ毎深夜、みんなにメール送っています。ぼくは昨年出られなかったのでその分の熱を今年のステージでぶつけようと思います。バンド曲はすぐ決まったけど、アイドル曲が難航していますね。でも4人の個性を出して、しがらみをなくして全てのお客さんを魅了したいです。グループ組んでマイナスになるのではなく、全員がこの場所で輝けるようにしたいですね」

 グループ最年少の萩谷慧悟(19才)は、グループとしての目標を述べた。

「安井、真田、萩谷、森田の4人でLove-tuneってグループ名がついたんですが、それで舞い上がるようなことはありません。大事なのはこれからだと思います。ぼくらはバンドをやっていますが、バンドメインのグループではなく、ひとつの武器だと思っています。

 ジャニーズである以上、ダンスはできて当たり前だと思うし、歌やアクロバットもやっていきたいと思っています。誰からも“なんかいいよね”って言われるグループを目指します」

 さらに、森田美勇人(20才)は、チャンスをものにしたいと野心をのぞかせた。

「今年のクリエはTravis JapanとLove-tuneの2グループで全14公演出させていただきます。Travis Japanでは、9人の揃ったキレのあるダンスパフォーマンスとハッピーな曲のギャップを楽しんでもらい、Love-tuneでは、個性が出るダンスパフォーマンスと客席と一体になるようなバンド曲で盛り上げ、それぞれ違った自分を見せたい。いただいたチャンスは確実にものにしていきたいと思っています。体力維持のため岩ザップもやってますよ」

 安井謙太郎(24才)例年の舞台を振り返って思いを語ってくれた。

「クリエは年に一度、お客さんと至近距離でふれあえる場所。ぼくは毎回固定メンバーではなく、いろんなメンバーとやっているので、毎年テーマを持ってやっていますが、今年はグループというものに初めて入ってやるので気合が違います。

 ジャニーズに入って7年。グループを組めたことが嬉しいし、何よりジャニーさんに名前をつけてもらえたことが嬉しい。クリエではこのLove-tuneっていう名前を背負ってお客さんをのせていきたいですね」

※女性セブン2016年3月31日・4月7日号

【関連記事】
ジャニーズ・SixTONES ジャニーズ・ワールドへの意気込み語る
覚えておいたほうがいい韓流アーティスト ZE:A、FTIslandなど
イベントに1万人超の超新星とストリートライブ出身CNBLUE

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP