ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐・大野智「音楽聴いて歌詞見て泣く感情に至ったことない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 主演ドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系、4月13日スタート、水曜22時~)で初のラブコメディーに挑戦する嵐・大野智(35才)。シャイで恥ずかしがり屋の大野に、最近ときめいたことは?と聞いてみると、

「ときめきはね…もうない!」とキッパリ。

「よくさ、音楽聴いて歌詞見て泣くって人いるでしょ? ぼくはね、その感情にまだ至ったことがないの。映画見てたまに泣いたりすることもあるけど。感情が豊かかっていったらそうでもない。恋愛じゃないときめきなら、少しはあるかな(笑い)」(大野・以下「」内同)

……恋愛じゃないときめきって?

「釣り!」と即答。ここ数年、大野が没頭している趣味の1つだ。

「釣り以外の違うことはないかって? だってほかにないんだもん! 釣りはね、全部が楽しい。一生飽きないなって思ってる」

 ドラマを見た私たちも、大野にキュン! とときめくのだろうか。

「キュンとするのかな? 今回のドラマはね肩すかしじゃないよ! モテない男が成長していく物語だから笑えると思う。(大野演じる)鮫島零治は一生懸命恋する努力をして恋にコロンと落ちるけど、ぼくは一生懸命芝居をやってコロンと倒れるまで完全燃焼したい。体当たりでやるよ」

 先日、メンバーである二宮和也(32)が日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に受賞した。

「マネジャーから聞いたんだけど、すごいよね! “おめでとう”って伝えたよ、グループメールで。それに対してニノの返事? なかったかな? ニノらしいよね(笑い)。でも、さすがだよね~」

 そうしみじみ言うと、テーブルの上にあったチョコレートを口に運んだ。小声で「おいし」と言って微笑んだ大野。この優しい笑顔に、ときめかないはずがない。

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
身長168cmの大野いと ミニスカートから伸びる健康的な美脚
死神くん役の嵐・大野智 メンバーに「やっぱり」と笑われた
大野智 8年間毎日書き留めてきた日記が去年の夏に途切れた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP