ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「お嬢」「おじさん」と呼び合った山口組組長と美空ひばり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今でこそ、芸能人と暴力団のかかわりはタブー視されているが、戦後のある時期まで両者は分かち難いほど近い関係だった。昭和の歌姫と全国最大の暴力団組長の交流秘話を、実録小説『神戸芸能社』の著者、山平重樹氏が紐解く。

 * * *
 戦後日本を代表する歌手、女優として、今や伝説となった美空ひばり。ひばりは1937年生まれだが、9歳からプロ歌手として活動。「天才少女歌手」と呼ばれ、戦後の焼け跡の中で日本人を励まし続けた。

 そんなひばりの“出発点”に、これまた戦後日本を代表するヤクザが関係していたことを知る人は、現在どれほどいるだろうか。そのヤクザとはほかでもない、三代目山口組組長・田岡一雄である。

 芸能興行とヤクザの関係は、歴史的にも深い。それどころか興行は、そもそもヤクザの伝統的な稼業ですらあった。山口組にも「山口組興行部」と呼ばれる組織が昔からあり、主に神戸での浪曲興行などを取り仕切っていた。

 1948年12月、この山口組興行部が影響力を持つ神戸松竹劇場へ出演するため、横浜国際劇場支配人の福島通人に連れられて、母・加藤喜美枝と神戸の田岡邸へ挨拶に訪れたのが、ひばりと田岡の出会いだったとされる。ひばりは当時11歳。しかし田岡に対してまったく物怖じせず挨拶するその姿に、田岡は尋常ならざるオーラと、無限の可能性を感じ取る。

「ひばりちゃん、このおじちゃんに歌ってくれるか」
「はい。でもおじちゃん、どんな歌を聴きたいですか」

 ひばりはどこまでも屈託なく田岡に応じ、藤山一郎が戦前に歌って大ヒットした『影を慕いて』を見事な歌唱力で歌った。ひばりの才能に感服した田岡は、「彼女を生涯にわたって守ってやろう」と固く誓う。そして自身が率いる山口組興行部、1957年に「神戸芸能社」と改名するその“芸能プロダクション”に、ひばりを誘う。

 神戸芸能社にはひばりのほか、田端義夫や高田浩吉、川田晴久など、戦後の大スターらが多数所属。しかし田岡とひばりの絆は他に類を見ないほど固く、2人の関係は“連合軍”と称されるほどだった。

 田岡はひばりを「お嬢」と呼び、ひばりは田岡を「おじさん」と呼んだ。少なくとも田岡の呼称は、ヤクザならば「三代目」、所属芸能人ならば「社長」というものが普通で、ひばりの使った「おじさん」は、ほかには絶対に許されないものだった。

 田岡が最初、ひばりに赤い靴をプレゼントしたのは有名だが、ひばりは「これ、おじさんにもらったの」とうれしそうに周囲に見せた。また、田岡はひばりの興行に頻繁に同行。ひばりが歌う舞台のソデで彼女を見守りながら、歌のリズムに合わせてステップを踏んでいたという。

 1962年、ひばりが小林旭と結婚した際には、田岡が式に父親役として出席。そのわずか1年7か月後に離婚した時には、田岡自ら記者会見で解説役を務め、「理解離婚」という当時の流行語を生むきっかけまでつくった。

 私生活のサポートだけではない。たとえばひばりの母・喜美枝は何かと娘の芸能活動に介入するステージ・ママだったのだが、田岡はその貫禄と器量で喜美枝と見事な良好関係を築いていた。田岡がいなければ、昭和の歌姫・美空ひばりは生まれなかったのでは、とする意見すらある。

 神戸芸能社は田岡が社長を務める、間違いのない“企業舎弟”だったが、一般社員は全員“カタギ”。また極めて明朗かつ近代的な経営が行われており、不可解な伝統や因習が支配する芸能界を改善した功績も大だったと言われている。しかし1960年代後半から本格化した警察の暴力団取締作戦「頂上作戦」の中で、神戸芸能社は活動停止に追い込まれる。

 神戸芸能社の躍進は、同時に展開した山口組の全国制覇に結果としてリンクし、その影響力拡大に貢献した事実も確かにある。だが、ひばりという大スターの出発点に、また日本の芸能界のある基礎部に、田岡というヤクザが貢献していたのも、また事実なのだ。今ではもう二度とありえない、歴史の一幕である。(談)

●やまだいら・しげき/1953年山形県生まれ。法政大学卒業後、フリーライターとして活躍。『ヤクザに学ぶ』シリーズなど著書多数。近著に『実録 異端者たちの最期』(徳間書店刊)がある。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
美空ひばりや鶴田浩二ら かつて山口組の庇護下にあった
暴力団と演歌界 稲川会や住吉会のテーマソング歌う歌手も
高倉健主演任侠映画 次回作妨害のためPが22件の容疑で逮捕

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP