ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

富士山を眺めながらシェフ特製スイーツが楽しめる「富士山ビュー特急」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅する上でネックになるのが移動時間。絶対にかかってしまう移動時間をどれだけ有効に使えるかが、旅人の腕の見せ所だと思います。

今回はいつもの移動よりちょっとリッチに、富士山を眺めながらシェフ特製スイーツを楽しめる新型特急「富士山ビュー特急」をご紹介します。

 

富士山ビュー特急があなたの旅を演出します

photo by fujikyu.co.jp

富士急行が発表した新型特急「富士山ビュー特急」は車窓から雄大な富士山の姿を眺めることができ、ゆったりとした車内では45分間の短い旅の中で、濃密な時間を過ごすことができます。

1号車は全26席の特別車両になっておりスイーツや紅茶が提供され、豊かなコミュニケーションが生まれる自然な空間を演出してくれます。

2,3号車は自由席車両で、お土産やオリジナルグッズの車内販売が行われます。

 

時速120㎞とは思えない、ホテルのように優雅な空間

photo by fujikyu.co.jp

photo by fujikyu.co.jp

外観は景色に映えるかつての富士登山電車の色彩を、新たにモダンでメタリックなデザインに一新。

車内はその雰囲気から一転して、木の温もりをふんだんに活かした居心地の良い空間になっています。そのゆったりした空間は、車内に居ることを忘れてしまう位くつろぐことができます。

 

パティシエが手掛けた特製スイーツを楽しめる「スイーツプラン」

なかでもオススメは土休日の3往復のうち、2往復限定でハイランドリゾートホテル&スパのシェフパティシエが手掛けた特製スイーツを楽しむことができる「スイーツプラン」専用車両。

電車に乗りながら、ホテルで出てくるようなスイーツがいただけるなんて、まさに至福の瞬間。

スイーツプラン専用車両は4000円で運賃と特急料金など込みの料金になっています。

 

富士山ビュー特急で新しい旅を

いつもの旅を少しリッチに、大人の鉄道旅行はいかがですか?
■富士山ビュー特急の詳細情報
・名称:富士山ビュー特急(FUJISAN VIEW EXPRESS)
・車両編成:1編成3両(JR東海371系を改造)
・料金:2,3号車の自由席は運賃+400円、特別車両は運賃+400+特別車両料金900円、スイーツプラン車両は4000円(運賃、特別料金等込)※全車両事前予約制
・運行区間:大月/河口湖間、平日2往復、土休日3往復
・停車駅:大月、都留文科大学前、富士山、富士急ハイランド、河口湖
・運行開始日:2016年4月23日
・公式サイト:富士急行株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

世界一周の手段はこれで決定!あなたの旅は船派?飛行機派?
東南アジアで人気沸騰中!?の飲み物、「ここぞ」の正体とは…
19〜24歳対象の「JR九州ガチきっぷ」を使って電車で行けるおすすめスポット15選
台湾、弾丸グルメの旅!ローカル飯から有名店まで食べてみた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP