ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

後輩とのコミュニケーションで気をつけたい! やる気をなくす言葉vsやる気を起こす言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫


春は出会いの季節。
バイトや部活・サークルなどに新人が入ってきて、あなたが「先輩」になるなんてこともあるでしょう。
いろいろ教える立場になりますが、ちょっとした言い方の違いで、後輩はやる気になったり、やる気がなくなったりするので注意が必要です。

本『やる気をなくす悪魔の言葉vsやる気を起こす魔法の言葉』(※)から、「やる気をなくす言葉」から「やる気を起こす言葉」への変換を紹介しましょう。
※ http://www.amazon.co.jp/dp/4502697605/

1.成功をイメージできる「肯定」する言葉への変換


×「ミスするな」
◯「丁寧にやろう」

×「気を抜くな」
◯「集中しよう」

人間の脳は否定形を理解できない性質があると言われています。
「ミスするな」「気を抜くな」と否定形で言われると「ミスする」「気を抜く」姿を頭の中でイメージしてしまうのです。

肯定形で伝えるよう、気をつけましょう。

2.自信を取り戻す「期待」を伝える言葉への変換


×「何回同じミスをしたら気がすむんだ(またか・またやったのか)」
◯「(私は)君なら成功できると信じている」

×「いつになったらできるようになるんだ」
◯「(私は君に)早く一人前になってほしいと思っているんだよ」

ミスした時点で既に本人はへこんでいます。
そこでさらに怒ったところで、後輩がやる気になるはずもありません。

人は「誰かに認められたい」という本能を持っています。
怒るのではなく「期待」を伝えることで、失敗をした後輩は自信を取り戻し、やる気を出してくれるのです。

3.積極的になる「質問系」の言葉への変換


×「◯◯しなさい」
◯「◯◯はもう終わっているかな?」

人はあまのじゃくなもので、命令されるとやる気がなくなるものです。
宿題を今やろうとしていたのに「やりなさい!」と言われてイラッとした経験、ありませんか?

やる気にさせるには、命令ではなくサラッと質問系で思い出させることが有効。
質問系で言われると、自然と脳が答えを探そうとするのです。

まとめ


同じことを伝えるにも、言葉次第で印象がまったく違うというのが分かりますね。

賢いリーダー・先輩になるには、思ったことをただ言うだけではダメ。
相手の心を動かすにはどう伝えたら良いか、そう考えましょう。

後輩のやる気があれば、あなたも気持ちよく過ごせますよね。
あなたが先輩に言われてやる気をなくした言葉・やる気を起きた言葉を思い出してみるのも良いかもしれません。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジン
タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP