ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家庭科の成績「2」だけど作ってよかった!こだわりの保育園グッズは娘もお気に入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美術大学出身の私は、基本的には手先は器用な方ですが、裁縫が大の苦手。

学生時代の家庭科の通信簿はいつも「2」。

大雑把な性格なので、繊細さを要する裁縫はどうしても上手になりませんでした。

でも、洋服は既製品を買っているし、シャツもあまり着ないのでボタン付けも年に1回する程度。

家庭科の授業がなくなると、裁縫なんてすることはこのまま一生ないかもと楽観していました。

娘は、1歳児クラスからの保育園入園が決定しました。

保育園入園が決まってほっとしたのはつかの間、先輩ママさんから

「そこの保育園は何を手作りするの?」

と聞かれました。

手作り?

全く、手作りのことは頭になかった私はびっくりしてしまいました。

先輩ママさんの保育園は、通園バッグがサイズ指定で手作りしたという話をそこで初めて知りました。

でもこのご時勢、色々なサイズの子ども用バッグは売っているし、ネットなどでは保育園グッズの手作りを手伝いますというサイトまであります。

「わざわざ作らなくても…」

と聞いた直後は思っていました。

そして、いざ娘の保育園の入園準備開始です。

通園バッグは何でもオッケー、タオルも市販のひも付きで問題なし。

手作りはなさそうかな、と思っていたら一番下に、

「お布団はサイズ指定あり。名前を縫って用意してください」

とありました。

よりにもよって、一番大きく大変そうな敷き布団と掛け布団のカバーが手作り推奨になっていました。

もちろん保育園で購入もできます。水色かピンクのシンプルなカバーを注文できるそうです。

この時、私は裁縫が苦手なのにも関わらず

「あんなシンプルなカバーは味気ない。うちの子に合うかわいいカバーがいいに決まっている」

とオリジナルのカバーを用意したい気持ちがむくむくとわきあがってきていました。

ですが、ボタン付けを年に1回する程度の私の家には最低限の裁縫道具しかありません。

もちろん、ミシンなんてありません。

「さすがにミシンがないとカバー作りは難しいな…」

と悩みました。

実家に行けばミシンはありますが、苦手な裁縫は自宅でゆっくりやりたいと思いました。

なんとか自宅にミシンを置けないものか・・・。

そこで、ネットのミシンレンタルを活用しました。

ちょうど入園直前のシーズンだったため、ミシンは連日予約でいっぱい。

唯一レンタルが可能だったのは入園直前の3月下旬。

ぎりぎりでしたがミシンを確保することができました。

次にしたことは、生地の購入です。

チェーン店の大きな生地屋さんに行き、色々な布を手にとっては戻して、お店の中をぐるぐる回りました。

「肌触りがいいお布団の方が気持ちいい。肌に優しい生地がいい」

とたくさんの生地を見ているうちにこだわりが強くなり、オーガニックコットンの生地を敷き布団と掛け布団用に柄の違いで買いました。

手作りは、購入よりお手軽で安いなんて世間では言いますが、オーガニック生地を選んでミシンをレンタルしたら、購入の倍以上の金額にはなっていました…。

ミシンが自宅に届き、2日かけてお布団と掛け布団カバーを縫いました。

縫い目は斜めになってしまっているし、ところどころ生地がつっぱってしわができてしまっているし、かなり不恰好な出来でした。

一応、布団は中に入れられたから、カバーとしての役割はぎりぎり果たせているというレベルです。

保育園入園から1ヶ月。

毎週金曜はカバーを持ち帰るため、お布団置き場にカバーを取りに行きます。

すると、娘が

「わーい。これ!」

と、自分の布団にダイブをしました。

生地から選んだおかげで他の子どもとかぶらず、自分のものと見分けやすかったようです。

なにより、そのカバーを気に入ってくれているにこにこと笑う娘の姿に、手作りしてよかったと心の底から思ったのでした。

著者:あとり

年齢:35歳

子どもの年齢:2歳1カ月の女の子

1歳から保育園に娘を入れて、職場復帰。育児と仕事に奮闘中です。多忙で終電帰りの旦那とやんちゃなオス猫2匹と一緒に暮らしてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

作りたい!の気持ちが先走る、手作り育児グッズ。実際作って良かった&失敗はコレ!
一本で何役もこなす、育児の強い味方!愛情たっぷり手作りスリングで赤ちゃんも安心
お宮参りで「花嫁の母」気分…世界に一つのベビードレスはママのドレスをリメイク!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP