体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『美味しんぼ』超長期連載終了…そこで100巻越えの漫画を調べてみた

マンガ

休載中の漫画『美味しんぼ』が連載終了することが発表されました。原作者の雁屋哲氏が22日、今年初めて公式ブログを更新し、近く連載再開そして連載終了も併せて、改めてスピリッツで発表するとしています。

『美味しんぼ』(原作・雁屋哲、作画・花咲アキラ)は、ビッグコミックスピリッツで1983年から連載開始され、単行本は111巻を数えています。
2205
ビッグコミックスピリッツ
Fujisan.co.jpより

東西新聞文化部の記者・山岡士郎と栗田ゆう子が、社の記念事業「究極のメニュー」づくりに抜擢されたことをきっかけに、食を通して様々な問題に向き合っていくストーリー。
山岡士郎の父、海原雄山との親子バトルも見どころでしたが、このほどついに和解。また、士郎と栗田が結婚し、3児に恵まれるなど新たな展開に。また、原発問題などでも世間をザワつかせました。

新しいヒット作が次々に生まれる漫画界。人気がなければすぐ打ち切りにあう厳しい環境で、連載を続けるのはそれだけでも大変なこと。一体どんな作品が100巻以上になっているのでしょうか?
そこで“100巻超えマンガ”を調べてみました。(シリーズものではなく、単一タイトルで100巻以上の作品でカウントしています) 

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』 198巻

警察官の両津勘吉が大暴れする国民的ギャグ漫画、通称「こち亀」。1976年のスタートから現在も連載が続いています。大台となった100巻は1996年に発売。葛飾署のホームページをつくるため、ハイパー小学生に技術協力を頼むことに…という内容でした。
1321383
週刊少年ジャンプ
Fujisan.co.jpより

ちなみに作者の秋本治先生によると「100巻までが面白かった。とよく言われる」そうです。

『ゴルゴ13』 179巻

謎のスナイパー・ゴルゴ13が活躍する人気作で1968年から現在も連載中。伝説化されすぎて、作者のさいとう・たかを先生はもうゴルゴの目しか入れていないとの噂も流れていますが、現在も御年79歳のさいとう先生本人がゴルゴの顔と全身を描いています。極太マジックで、あの眉毛から描き始めるやり方は衝撃ですよね。
1033034
別冊ビッグコミック 180号ゴルゴ13
Fujisan.co.jpより

『クッキングパパ』 135巻

1985年に連載開始。博多を舞台に、家族を愛するサラリーマン荒岩一味がプロ顔負けの料理をつくり、周囲と心を通わせていく。仕事ができて、家庭では料理や家事をこなすイクメンぶりで、荒岩は「お父さんにしたい理想のマンガキャラクター」で1位を獲得するなど国民の憧れです。
1337933
モーニング
Fujisan.co.jpより

『難波金融伝・ミナミの帝王』 135巻

大阪ミナミでトイチの金貸しをしている萬田銀次郎。詐欺師ら悪党には容赦ない取り立てを行い「ミナミの鬼」と恐れられるが、弱者には救いの手をさしのべるなど、人情味が厚い主人公です。実在の事件を絡めたエピソードも多く、お金や法律が学べるのも人気。しかし、Vシネマの竹内力さんのイメージが強いでしょうか…
1335595
週刊漫画ゴラク
Fujisan.co.jpより

『はじめの一歩』 113巻 

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会