体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

よみうりランドに新登場「グッジョバ!!」(2) ワークショップが面白い!

グッジョバ!!

前回

よみうりランドに新登場「グッジョバ!!」(1) モノづくりテーマパークに行ってきた!

では、「グッジョバ!!」の概要とフードファクトリーについて主に紹介しましたが、今回は楽しいワークショップについて紹介します。

おしゃれ、カワイイがいっぱい!女の子の憧れファッションファクトリー。

グッジョバ!!壁の装飾もファンシーなイメージ。

洋服工場に見立てたこちらのファクトリーでは、ファッションに関係する2つのアトラクションとワークショップが楽しめます。一歩足を踏み入れると、かわいい装飾とアパレル業界っぽい雰囲気に包まれ、「ご近●物語」ファン世代の私は妙にハイテンションに・・・

アトラクションは前回ご紹介した「マイニット」の他に、日本で初めてらせん状のスパイラルリフトを採用した全長448m、最高速度45.5km/hで疾走する屋内型コースター「スピンワンウェイ」があります。洋服の製造工程からファッションショーまですべてを体感でき、楽しみながらモノづくりの流れを知れるアトラクションです。

また、充実したワークショップ「わくわくファッションラボ」は、アパレルメーカー「ワールド」が監修した、モノづくりに触れることができるワークショップで、現在は5種類の体験内容があります。

【わくわくファッションラボ 内容】

①ハンカチにイニシャルを刺繍しよう

②くるみボタンをつくろう

③オリジナルハンガーをつくろう

④フェルトでコサージュをつくろう

⑤洋服の生地でてるてる坊主をつくろう

ワークショップの内容によっては小さい子から大人まで楽しめる内容になっているので、親子で参加しても、もちろん少女の心を持った大人もOKです。

針も糸も使わず簡単!「わくわくファッションラボ」のワークショップくるみボタンを作ろう!

今回体験してきたのは「くるみボタンを作ろう」というワークショップ。針も糸も使わず、ハサミが使えればできちゃいます。グッジョバ!!「くるみボタンを作ろう」のキット。 材料、道具、説明書付きのキットが配布されるので、作業が楽しくなっちゃうと先生の話を半分くらいしか聞かない私も安心。グッジョバ!!何だか家庭科の授業みたいな感じ

厚紙を切って型紙を作り、型紙に合わせて好きな柄の布を切って…

グッジョバ!!

あれ?チョキチョキしてたら先生が先に進んでる!でも大丈夫。他にもスタッフの方がいるので、分からなくなったら聞けばよし。

グッジョバ!! 型にはめるため力を込めてプッシュ! 最後にくるみボタンをはめる用の台に切った布とベースのボタンを置いて、くるんでギュッとして完成。本当に針も糸も使わず、簡単でした。グッジョバ!!嬉しそうに先生に見せる鳥井

先生が「できたら上に挙げて見せてくださ~い。」と言っているので「は~い!」と見せる一同(取材時はいい歳の大人ばかり)。ちょっとしたものでも、自分の力で完成させると達成感があっていいですね。キットのボタンは余るので、残りは家に持って帰って好きな布で作れるそうです。

次はBUNGUファクトリーに行ってみた。

グッジョバ!!オリジナル文具も売ってます。

文具好きの人って結構いると思うのですがどうでしょうか?実は私、文具とか工具とか大好きで、中学生の頃はシャーペン・消しゴム・黒ペン用、カラーペン・パーカー用、ハサミ、定規、コンパス、のり、ねり消しその他用…と筆箱3つ持ちしていたような文具オタでもあります。今でも時々文具コーナーに2時間ぐらい入り浸っていたりします。

そんな私なので文具専門のファクトリーがあると聞いた時はもうテンションが上がりましたね。コクヨの「カドケシ」知った時くらいの衝撃とテンションです。あのアイディアには脱帽しましたよね。

こちらでは、コクヨのロングセラー商品「キャンパスノート」をテーマにデザインされた工場内に、ミニゲームがたくさん楽しめる「キャンパスチャレンジ」と、お子様向けの遊び場「ひらめキッズ」という2種類のアトラクションがあります。他にも、屋外に4種の文具系アトラクションがあるという事で文具ファン涙目間違いなしです。

「キャンパスノート」をミニゲームで製造せよ!「キャンパスチャレンジ」。

またまた文具のワークショップまで時間があったので、アトラクションにチャレンジしてみました。グッジョバ!!ゲーム難易度は初級、中級、上級の3種類
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。