ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

よみうりランドに新登場「グッジョバ!!」(2) ワークショップが面白い!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前回

よみうりランドに新登場「グッジョバ!!」(1) モノづくりテーマパークに行ってきた!

では、「グッジョバ!!」の概要とフードファクトリーについて主に紹介しましたが、今回は楽しいワークショップについて紹介します。

おしゃれ、カワイイがいっぱい!女の子の憧れファッションファクトリー。

壁の装飾もファンシーなイメージ。

洋服工場に見立てたこちらのファクトリーでは、ファッションに関係する2つのアトラクションとワークショップが楽しめます。一歩足を踏み入れると、かわいい装飾とアパレル業界っぽい雰囲気に包まれ、「ご近●物語」ファン世代の私は妙にハイテンションに・・・

アトラクションは前回ご紹介した「マイニット」の他に、日本で初めてらせん状のスパイラルリフトを採用した全長448m、最高速度45.5km/hで疾走する屋内型コースター「スピンワンウェイ」があります。洋服の製造工程からファッションショーまですべてを体感でき、楽しみながらモノづくりの流れを知れるアトラクションです。

また、充実したワークショップ「わくわくファッションラボ」は、アパレルメーカー「ワールド」が監修した、モノづくりに触れることができるワークショップで、現在は5種類の体験内容があります。

【わくわくファッションラボ 内容】

①ハンカチにイニシャルを刺繍しよう

②くるみボタンをつくろう

③オリジナルハンガーをつくろう

④フェルトでコサージュをつくろう

⑤洋服の生地でてるてる坊主をつくろう

ワークショップの内容によっては小さい子から大人まで楽しめる内容になっているので、親子で参加しても、もちろん少女の心を持った大人もOKです。

針も糸も使わず簡単!「わくわくファッションラボ」のワークショップくるみボタンを作ろう!

今回体験してきたのは「くるみボタンを作ろう」というワークショップ。針も糸も使わず、ハサミが使えればできちゃいます。「くるみボタンを作ろう」のキット。

材料、道具、説明書付きのキットが配布されるので、作業が楽しくなっちゃうと先生の話を半分くらいしか聞かない私も安心。何だか家庭科の授業みたいな感じ

厚紙を切って型紙を作り、型紙に合わせて好きな柄の布を切って…

あれ?チョキチョキしてたら先生が先に進んでる!でも大丈夫。他にもスタッフの方がいるので、分からなくなったら聞けばよし。

型にはめるため力を込めてプッシュ!

最後にくるみボタンをはめる用の台に切った布とベースのボタンを置いて、くるんでギュッとして完成。本当に針も糸も使わず、簡単でした。嬉しそうに先生に見せる鳥井

先生が「できたら上に挙げて見せてくださ~い。」と言っているので「は~い!」と見せる一同(取材時はいい歳の大人ばかり)。ちょっとしたものでも、自分の力で完成させると達成感があっていいですね。キットのボタンは余るので、残りは家に持って帰って好きな布で作れるそうです。

次はBUNGUファクトリーに行ってみた。

オリジナル文具も売ってます。

文具好きの人って結構いると思うのですがどうでしょうか?実は私、文具とか工具とか大好きで、中学生の頃はシャーペン・消しゴム・黒ペン用、カラーペン・パーカー用、ハサミ、定規、コンパス、のり、ねり消しその他用…と筆箱3つ持ちしていたような文具オタでもあります。今でも時々文具コーナーに2時間ぐらい入り浸っていたりします。

そんな私なので文具専門のファクトリーがあると聞いた時はもうテンションが上がりましたね。コクヨの「カドケシ」知った時くらいの衝撃とテンションです。あのアイディアには脱帽しましたよね。

こちらでは、コクヨのロングセラー商品「キャンパスノート」をテーマにデザインされた工場内に、ミニゲームがたくさん楽しめる「キャンパスチャレンジ」と、お子様向けの遊び場「ひらめキッズ」という2種類のアトラクションがあります。他にも、屋外に4種の文具系アトラクションがあるという事で文具ファン涙目間違いなしです。

「キャンパスノート」をミニゲームで製造せよ!「キャンパスチャレンジ」。

またまた文具のワークショップまで時間があったので、アトラクションにチャレンジしてみました。ゲーム難易度は初級、中級、上級の3種類

ゲーム開始時にお姉さんに難易度を聞かれます。初級でも結構難しいという事ですが、いやいやいや、大人ですよ私。しかも文具オタの鳥井さんですよ。せめて中級でしょ!という事で、お姉さんやめた方がいいよというオーラと忠告を無視して中級に。

【ここからミニゲームが延々続くのでダイジェスト版でお楽しみください。】ボタンを探して押すも一人じゃ回りきれずがに股でロールによじ登りエアカッター!と叫びながら素手でエア紙きりをし(叫ぶ必要はない)「光ったら踏め!」というよくある簡単な指示も光が早すぎて飛ぶことすらできず何もせず終了指定のポーズで「ノ」の文字になりきるもふらふらしすぎて判定されず残念過ぎる結果になりました。

もはやダメすぎてグラフにすらならない

いやー、本当にあれですね。調子こいてすみませんでしたっ!最初のコマに戻って自分を殴りたい。こちら、私の手先の器用さなどは全く生かせず、反射神経と運動神経がカギという運動部系のアトラクションでしたという事を報告しておきます。また、こちら複数人で挑戦する方が楽しめるゲームだったようで、影分身でもすればもっと楽しめたと思います。

「ひらめきラボ」でオリジナル文具を作ろう!

アトラクションで散々な結果を残してしまいましたが、気を取り直してワークショップに参加!

「ひらめきラボ」は、オリジナル文具を作ったり、文房具を使ってさまざまな表現に挑戦することが出来る5種類のワークショップを開催しています。

【ひらめきラボ 内容】

①オリジナルキャンパスノートを作ろう

②オリジナル文具をつくろう

③カドケシ・ミリケシでスタンプ遊び

④ポップアップカードで感謝を伝えよう

⑤消しゴムスタンプを作ろう

今回参加したのは「オリジナルキャンパスノートを作ろう」というワークショップ。色紙やシール、ペン、はさみ、マスキングテープなど様々な文具を使いシンプルなキャンパスノートをデコレーションしていきます。文具使い放題!という事でスイッチが入る鳥井

手先の器用さの発揮どころキター!という事で、制限時間の中で自分のノートと不器用さんなカメラマンのノートもデコることに。中高生の時にはノートやペン、通学カバンまで何でもデコっていたデコらーの私にかかればちょちょいのちょい。(古い)カドケシで1文字だけきれいに消すことくらい簡単です。シールやペンでデコり中。今日イチバンの本気集中

せっかくなので1冊は「じゃらん」「旅行」をコンセプトに「旅行計画ノート」を、もう1冊は良い仕事ができるよう「取材ノート」を作ってみました。ただ派手に飾るだけでなく、何に使うノートか決めて作るとデザインに統一感が出て良い感じに仕上がりますよ。グッジョバ!!オリジナルシールももらえるので活用。

できました!じゃらんロゴが結構難しかったです。猫のシールがたくさんあったのでいっぱい貼りました。取材用は「グッジョバ!!」のシールも使ったのでグッジョブができそうです。

消しゴムスタンプなどの他のワークショップも気になるので、他のもチャレンジしたいなと思いました。

ワークショップは他のファクトリーにも!

今回取材ではファッションファクトリーの「わくわくファッションラボ」、文具ファクトリーの「ひらめきラボ」の2つのワークショップを体験してきました。前回紹介した「マイU.F.O.ファクトリー」は常時開催なのでアトラクションのように並んで楽しめますが、こちらは整理券配布式なので事前にGETしておきましょう。

ちなみに紹介できなかったカーファクトリーの「ドライビングラボ」では下記のワークショップが開催されます。

【ドライビングラボ 内容】

①日産モノづくりランド(推奨年齢小学3年生以上)

②発電した電気で車を走らせよう!

③車型BOXティッシュを作ろう!

特に、「日産モノづくりランド」は車の製造工程を知り、効率的に車(模型)を作るための工夫が体感できる車づくりのグループワーク。改善の積み重ねが、大きな効率向上につながることに気づく、日産自動車のモノづくりに対する情熱が込められたワークショップということで、すごく勉強になりそうです。

次回はそんなカーファクトリーの熱いアトラクションと、大注目の変形ロボについて紹介します。

よみうりランドに新登場「グッジョバ!!」(3)最新カーアトラクションが楽しすぎる!

に続く 【グッジョバ!! 施設概要】

「グッジョバ!!」GOOD JOB ATTRACTIONS

住所/東京都稲城市矢野口4015-1(よみうりランド遊園地内)

電話/044-966-1111(よみうりランド代表)

営業時間、休日/よみうりランドの営業カレンダー参照

オープン日/2016年3月18日(金)

ワンデーパス料金(入園+アシカショー+のりもの乗り放題)/おとな5400円、中高生4300円、3歳~小学生3800円、シルバー4500円

ホームページ:http://www.yomiuriland.com/

※この記事は2016年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

よみうりランドに新登場「グッジョバ!!」(1) モノづくりテーマパークに行ってきた!
よみうりランドに新登場「グッジョバ!!」(3) 最新カーアトラクションが楽しすぎる!
ドライブで買いたい道の駅のパン♪人気商品はコレだ!【東海】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP