ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スモーキー・ロビンソンが【スティーヴィー・レイ・ヴォーン賞】受賞へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グラミー賞をはじめ数々の賞を受賞しているモータウンのレジェンド、スモーキー・ロビンソンに、今度はその慈善活動を評価し【スティーヴィー・レイ・ヴォーン賞】が贈られることになった。

 経済状況にかかわらず音楽業界の人間が依存症の治療を受けられるよう供給するMusiCares MAP基金が、5月19日にロサンゼルスのThe Novo(元クラブノキア)で表彰式を行う。

 式典では、シンガーのシーロー・グリーンやケニー・“ベイビーフェイス”・エドモンズ、エル・デバージ、ケムらがロビンソンを称え、パフォーマンスを披露する予定だ。

 【スティーヴィー・レイ・ヴォーン賞】は昨年の慈善コンサートでザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼントが受賞している。

 なお、コメディアンで俳優のセドリック・ジ・エンターテイナーが司会を務める同イベントでは、現在76歳のロビンソン本人もパフォーマンスを行う予定。他の出演者は後日発表されるもようだ。

関連記事リンク(外部サイト)

スモーキー・ロビンソンが超豪華デュエット・アルバムについて語る
スモーキー・ロビンソンの新作をランディ・ジャクソンがプロデュース
■スモーキー・ロビンソン■ スペイン語を勉強してニュー・アルバムに臨む

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP