ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

応援ソングの系譜を受け継ぐグループを発見! あのヒット曲との共通点も!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ようやく春らしい陽気になり始め、音楽シーンでは新たな門出や生活、環境を迎える人々へ向けた応援歌が増えてくるこの季節。

 古くは大事MANブラザーズ『それが大事』やウルフルズ『ガッツだぜ!!』など、日本の音楽シーンではこれまで数多くの応援歌が、常々ヒットチャートを賑わせてきた。中でも近年の代表的な1曲となれば、社会で奮闘する父を応援する力強い応援歌、FUNKY MONKEY BABYS『ヒーロー』を挙げる人は少なくないだろう。

 今、そんな応援歌の系譜を受け継ごうとしている注目のニューカマーがいる。大阪出身の3人組ボーカルユニット“ベリーグッドマン”だ。彼らが注目を浴びたのは昨年、インディーズ時代に発表した楽曲「1988」を、当時広島カープに在籍していた前田健太投手が偶然発見。同郷の同い年ということで親近感を持ち、同曲の“マエケンバージョン”を試合の登場曲として使用していたのだ。

 そんな彼らが自身のメジャーデビューを飾るかたちで今年の3月9日にリリースしたシングル『ありがとう~旅立ちの声~』は、Rover(vo,g,tp)が幼くして亡くした父親の残した“旅立ちの声”という手紙からもらった勇気と愛情を託したミディアムバラード。今年1月より全国ラジオ局でパワープレイに選出され、お笑い芸人 たむらけんじが初の父親役を演じたミュージックビデオ(https://youtu.be/_io_Poqi-QQ)も高評価を得るなど、音楽シーンでは俄然注目度が高まっている感動の応援歌となっている。

 FUNKY MONKEY BABYS『ヒーロー』とは観点に違いがあるものの、父への感謝を題材にしている同曲と『ありがとう~旅立ちの声~』は共通項が多い。小気味よいラップパートと求心性の高いグッドメロディが融合したハートフルなサウンドはもちろん、男性3人組というグループ構成もその内に含まれるだろう。

 しかもベリーグッドマンはメンバー3人全員がボーカルパートを担当していることもあり、美しい3色のハーモニーという武器を持っている。さらにはKis-My-Ft2やCODE-Vへ楽曲提供するクリエイターとしての才もと、総じて並々ならぬスキルを併せ持つ彼らが生み出した新たな名曲、それが『ありがとう~旅立ちの声~』なのだ。

 なお、昨年春と秋に開催したツアーが共に大成功と、すでにインディーシーンでは名を馳せている彼らは、3月27日の鹿児島CAPARVO HALL公演よりメジャーデビュー以降では初のツアー【ベリーグッドマン“てっぺんとるぞ宣言”ツアー2016 ~超好感男の進撃~】を開催する。

 日本列島を縦断するように北海道、新潟、宮城、広島、福岡、大阪、愛知、東京と巡っていくベリーグッドマンが、このツアーでどのように『ありがとう~旅立ちの声~』を響かせていくのかにも期待だ。

◎YouTube「“たむけん”が出演した感動のストーリー! ベリーグッドマン – ありがとう~旅立ちの声~ (Music Video)」
https://youtu.be/_io_Poqi-QQ

関連記事リンク(外部サイト)

『We Are X』SXSWで最優秀オープニングデザイン受賞、YOSHIKIのソロパフォーマンスも
渡辺美里、“いつもとはひと味異なる”最高のエンタメ・ショーが6月東阪ビルボードにて開催
【深ヨミ】上位タイトルは何枚売れた?SG・ALセールスチャート、トップ5の売上枚数発表!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP