体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴーゴーズ、38年の活動を経てフェアウェル・ツアー発表

ゴーゴーズ、38年の活動を経てフェアウェル・ツアー発表

 「ウィ・ガット・ザ・ビート」や「泡いっぱいの恋(Our Lips Are Sealed)」、「バケーション」などのビッグヒットで知られる米ガールズ・パワー・ポップ・バンド、ゴーゴーズ(The Go-Go’s)が、フェアウェル・ツアーを発表した。

 同バンドは、フロリダ州クリアウォーターにあるキャピトル・シアターでの8月2日の公演を皮切りに、8月30日のロサンゼルスのグリーク・シアターで締めくくる計18公演を行うという。ベスト・コーストとカヤ・スチュワートがツアーをサポートする。

 ゴーゴーズはエンターテインメント・ウィークリー誌に対し、「38年間の活動を経て、私たちは夏のツアーでの最後の爆発にむけて準備をしています。とても長い間、信じられないほどのサポートをファンにしてもらえて、凄く感謝しているとともに幸せを感じています。ツアーに出るのが待ちきれないし、みんなが望むラウドで速い音楽と素晴らしいパーティーを提供します」と話している。

 ギタリストでシンガーのジェーン・ウィードリンは今年2月、自身のブログでフェアウェル・ツアーがあることに触れていたが詳細は伝えなかった。彼女は、「複雑な思いだけど私たちは最後のアドベンチャーに一緒に向かいます。こんな素晴らしいことをしてきたのです。みんなが私たち全員のこの先の活動にもついてきてくれると嬉しいわ」とも綴っていた。

 なお、8月のツアーではベリンダ・カーライル、ウィードリン、シャーロット・キャフィー、ジーナ・ショックというゴーゴーズのほぼ黄金ラインナップが顔を揃えるとのこと。一方、“和解しがたい相違”のため2013年に脱退し、その後、バンドメンバーたちを訴えたベーシストのキャシー・バレンタインは参加しないそうだ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会