ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いきものがかり メンバー選出ベスト10.9万枚でビルボード週間1位に、大滝詠一32年ぶりニューアルバムも躍進

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月28日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”は、先ヨミ記事掲載時から抜群のセールスを誇っていたいきものがかり『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』が初登場首位に輝いた。

 デビュー10周年を記念してリリースされたベストアルバムで、メンバー自らセレクトした名曲の数々を収録した同作。発売初週で約10.9万枚のセールスを記録しており、今後どこまで数字を伸ばせるかにも期待できそう。

 一方、2位にチャートインした大滝詠一『DEBUT AGAIN』は、実に32年ぶりとなるニューアルバム。過去に提供した楽曲の大滝歌唱バージョンが多数収録した同作は、今週の上位にチャートインした他の作品とは違い3月21日リリースだったため、先ヨミ記事掲載時にはTOP5にも入っていなかった。ほぼ1日で2位まで一気に駆け上がるスマッシュヒットとなっている。

 なお、チャートは3位にflumpool『EGG』、4位にNICO Touches the Walls『勇気も愛もないなんて』とロックバンドの新作が続き、5位には角松敏生がデビュー35周年を記念してデビューアルバムのリミックスに挑んだ異色作『SEA BREEZE 2016』がチャートインした。

◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”
(2016年3月28日付)
1位.いきものがかり『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』 10.9万枚
2位.大滝詠一『DEBUT AGAIN』 2.0万枚
3位.flumpool『EGG』 1.8万枚
4位.NICO Touches the Walls『勇気も愛もないなんて』 1.0万枚
5位.角松敏生『SEA BREEZE 2016』0.8万枚
※表示枚数は概数となります

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】いきものがかり、メンバーセレクトのデビュー10周年記念ベストALが首位!
【深ヨミ】上位タイトルは何枚売れた?SG・ALセールスチャート、トップ5の売上枚数発表!
POP 成長と絆感じさせた単独公演「まだまだこれからも走り続けていきたい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP