体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蜷川実花 台湾の自身最大個展で入場規制 安室奈美恵/沢尻エリカ/土屋アンナ/AKB48ら118組の作品も

蜷川実花 台湾の自身最大個展で入場規制 安室奈美恵/沢尻エリカ/土屋アンナ/AKB48ら118組の作品も

 3月19日より台湾の台北當代芸術館(MOCA)にて行われている、写真家・蜷川実花の個展が大盛況となっている。

蜷川実花 台湾での個展写真一覧

 今回の個展は、蜷川自己最大規模での展示数。今までは1回の個展に多くても約400点ほどの展示だったが、今回の展示数は700点と1.5倍の点数が展示されている。蜷川実花の台湾での人気は絶大で、それを裏付けるかのように開催前日の18日に行われた現地メディア向けの取材には、10台近くのムービーカメラと約200人ほどの報道陣が駆けつけた。

 19日の個展開催初日には、2400人の現地ファンが来場。台北當代芸術館の初日来場者数記録を塗り替え、当日は入場規制がかかり、待ち時間は2時間待ちにまで及んだ。

 蜷川は7年前に初めて台湾に行った際に、どうしてもここ(台北當代芸術館)でやりたいと思い、現地美術館に対し、プレゼンを続けてきた。実施OKが出た2014年から2年間の準備期間を経て今回の開催となる。花、金魚、人物、風景、花火などの写真及びインスタレーション作品が展示され、人物作品には蜷川が手がけてきた著名人の作品(118組)がズラリと並ぶ。

 蜷川は今回の個展について、「本当に仲の良いスタッフがケンカするほど大変だったんですが、だからこそ本当に素晴らしいものになっていると思います! 皆さん見に来て下さいね!」とコメント。また、今後の展開に関して、「日本で活動してきたのですが、これからアジアを拠点に仕事をしていきたいなと思っていて、そのスタートが今日になればいいなと思っています。今回展覧会に自分が思った以上にたくさんの人に来て頂いて、こんなに台湾で人気があったんだなと驚いています。嬉しいです。ここから新たにスタートしていければいいなと思います。」と、今後も蜷川作品を世界へ発信していく意欲を見せた。

 なお、今後日本においても様々な展示会が開かれていく予定となっている。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。