ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蜷川実花 台湾の自身最大個展で入場規制 安室奈美恵/沢尻エリカ/土屋アンナ/AKB48ら118組の作品も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月19日より台湾の台北當代芸術館(MOCA)にて行われている、写真家・蜷川実花の個展が大盛況となっている。

蜷川実花 台湾での個展写真一覧

 今回の個展は、蜷川自己最大規模での展示数。今までは1回の個展に多くても約400点ほどの展示だったが、今回の展示数は700点と1.5倍の点数が展示されている。蜷川実花の台湾での人気は絶大で、それを裏付けるかのように開催前日の18日に行われた現地メディア向けの取材には、10台近くのムービーカメラと約200人ほどの報道陣が駆けつけた。

 19日の個展開催初日には、2400人の現地ファンが来場。台北當代芸術館の初日来場者数記録を塗り替え、当日は入場規制がかかり、待ち時間は2時間待ちにまで及んだ。

 蜷川は7年前に初めて台湾に行った際に、どうしてもここ(台北當代芸術館)でやりたいと思い、現地美術館に対し、プレゼンを続けてきた。実施OKが出た2014年から2年間の準備期間を経て今回の開催となる。花、金魚、人物、風景、花火などの写真及びインスタレーション作品が展示され、人物作品には蜷川が手がけてきた著名人の作品(118組)がズラリと並ぶ。

 蜷川は今回の個展について、「本当に仲の良いスタッフがケンカするほど大変だったんですが、だからこそ本当に素晴らしいものになっていると思います! 皆さん見に来て下さいね!」とコメント。また、今後の展開に関して、「日本で活動してきたのですが、これからアジアを拠点に仕事をしていきたいなと思っていて、そのスタートが今日になればいいなと思っています。今回展覧会に自分が思った以上にたくさんの人に来て頂いて、こんなに台湾で人気があったんだなと驚いています。嬉しいです。ここから新たにスタートしていければいいなと思います。」と、今後も蜷川作品を世界へ発信していく意欲を見せた。

 なお、今後日本においても様々な展示会が開かれていく予定となっている。

◎作品として展示されている著名人(118組)
秋元梢、安室奈美恵、綾野剛、杏、安藤政信、石原さとみ、井上真央、大島優子、太田莉菜、小栗旬、金子ノブアキ、筧美和子、菊地凛子、北川景子、北野武、桐谷美玲、栗山千明、窪塚洋介、黒木メイサ、倖田來未、小林直己(NAOKI)、小松菜奈、斎藤工、紗栄子、佐々木希、佐藤健、紗羅マリー、沢尻エリカ、椎名林檎、篠田麻里子、柴咲コウ、島崎遥香、玉城ティナ、壇蜜、大東駿介、土屋アンナ、でんぱ組.inc、東方神起、冨永愛、豊川悦司、中川翔子、永瀬正敏、仲里依紗、成宮寛貴、白鵬、橋本愛、長谷川潤、福島リラ、福山雅治、ふなっしー、古川雄輝、堀北真希、前田敦子、松岡モナ、松坂桃李、松田翔太、マドモアゼル・ユリア、水原希子、道端ジェシカ、三吉彩花、向井理、ももいろクローバーZ、森星、矢沢永吉、山田優、吉川ひなの、ローラ、渡辺麻友、宮本彩菜、西島隆弘(AAA)、中田英寿、百田夏菜子、立花恵理、AKB48、AMIAYA、AYABAMBI、BUMP OF CHICKEN、CHIHARU、Hello Kitty、Jiyoung、SHIHO、阿信 Ashin、白百何、蔡依林 JOLIN TSAI、杜鵑、范冰冰 FAN BING BING、梁靜茹、林依晨、陳曉東、林志玲 SHE、蕭敬騰、楊丞琳、周秀娜、安心亞、王若琳、郭碧亭、簡侵書、謝欣穎、周湯豪、信、孫芸芸、張孝全、張子萱、張子萱、張鈞?、陳庭尼、陳柏霖、楊謹華、羅志祥、路嘉怡、彭于晏、范曉萱、賈靜文、馮紹峰、紀培慧(順不同・敬称略)

関連記事リンク(外部サイト)

AKB48 約141万枚セールスで週間シングルチャート首位堅守、2位以下でカンガル、aiko、アルスマグナらが熾烈な争い
安室奈美恵 過去最大の“光”と“人間味”に溢れた【LIVEGENIC】の威力
『大奥』沢尻エリカ×AKB48まゆゆのラブシーンやBoAの主題歌話題に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP