ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

里咲りさ、撮影でまさかの遭難「超怖かった」 新MVは久しぶりの本人出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイドル・グループ、少女閣下のインターナショナルのメンバー兼運営で、ソロ活動では究極のDIYを追求し続けているシンガー・ソングライター、里咲りさが3月30日に最新シングル『WALCALLOID&TURE』を発売。

現在、シングル収録曲のミュージック・ビデオを3週連続で公開中。その第2弾となる「TURE」のMVをYouTubeに公開した。

里咲は今回のシングル制作にあたり、「WALCALLOID」が完成した頃、カップリング曲の制作に行き詰まり毎日2、3曲書いてはボツにしていたという。そんなときにヘッドフォンで大音量で「WALCALLOID」を聴いたところ、即インスピレーションがわき、レコーダーに吹き込んだファースト・テイクがほとんどそのまま「TURE」になったという。

ここ数作では里咲自身がMVに出演することはなかったが、今回はファン待望となる約1年ぶりの本人出演となった。撮影は里咲いわく、海を渡ってこの世の果ての砂漠で行ったとのこと。無人の砂漠の真ん中で撮影に必要なものだけ所持していた里咲と灘藍は、撮影後になんと遭難。撮影開始から6時間後に生還したという。里咲は「私はワンピースにギターで、とにかく寒かったです。でもあそこで撮らなくちゃいけなかった」と振り返った。

また、今回の作品のクレジットに注目すると、楽曲制作からMV制作まで、里咲の楽曲の編曲などを行っている灘藍と里咲本人の名前しかない。さらに今後のプロモーションや営業などはすべて里咲だけで行うと豪語しており、より強くDIYを追い求める姿勢がうかがえる。これからも怒濤の勢いでひた走る里咲の活動に注目してほしい。

なお、OTOTOYでは里咲にメールでインタビューを実施。遭難時の状況などをうかがった。

取材・文 : 前田将博

——そもそもなぜ砂漠で撮影を?

里咲 : 曲のイメージに合うのがそこしかなかったというか、私も灘藍さんも、もうそこしかないって思ってたので砂漠に行きました。曲ができた時点で、MVの撮影の絵のイメージは固まっていたような気がします。最初に書いたときからあそこで撮ることはあらかじめ決まってた気がする。

——久しぶりの本人出演を決断した理由は?

里咲 : 本当は今回もモデルさんを頼もうと思ってたんです。でもそうすると、事務所さんにお願いをして、条件交渉して、こんな曲なのでこうにしてほしいとか、プロット作ったりとかしなくちゃいけないじゃないですか。「TURE」の撮影は、3月15日のインストア・イベントのあとの日程を予定していて、その前に撮った「WALCALLOID」の撮影が大規模だったために私も灘藍さんもかなり疲れていました。

——かなりタイトなスケジュールですね。

里咲 : だから撮影しなくちゃだけど誰かに頼んだり人と話す元気はないなと思って、自分で出ちゃえば全部わかってるし気が楽だと思いまして。なにも決めないで砂漠にいっても、私も灘藍さんもなにをどう撮るべきか、打ち合わせしなくてもわかってるので実際すごく楽でした。あと、タイミング的にも正しいような気がして。

——そもそも、なぜここ数作のMVは本人出演じゃなかった?

里咲 : 曲も映像も合わせたものとして成立させたかった。あと、歌ってる人じゃない人が演じてるMVって、映像作品としてかっこいいなって思ってたんです。今までの曲は作品としてあれが正解だったんだと思います。

——遭難した当時の状況を教えてください。

里咲 : 日が暮れてしまって道も見えなくなり、ケータイも充電切れて、かろうじて来た道を戻ったものの、一本道のはずがまったく違う景色に変わり、帰り道がついにわからなくなって…。砂漠なのでどんなに戻っても同じような景色しかなくて、1時間以上さまよいました。超怖かったです!!

――これまでも遭難したことはあるんですか?

里咲 : ないですよ(笑)!!

——どうやって帰り道を見つけたのでしょう。

里咲 : 道じゃない方に踏み入ってみよう! と覚悟を決めて。よくわからない背の低い木の生い茂ってるところを分け入っていったら道がありました! 泣きそうでした!

——かなりチャレンジャーですね…。無事でよかったです。最後に、遭難から学んだことがあれば教えて下さい。

里咲 : 自然の中に、ワンピースとローヒールとギターだけでいくものではないということです! あと充電器は常に持ち歩く決心をしました!

里咲りさ – TURE (Risa Satosaki – TURE)

https://youtu.be/vlequvWYlY4
・里咲りさ『WALCALLOID&TURE』
01.WALCALLOID
02.TURE
03.TOKYO TELECA(Bonus Track)

〈新シングル発売記念ワンマン「里咲りさお噺とお唄の会」〉
2016年3月24日(木)浅草・木馬亭
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc20/syoutai/dekakeru/gendai/syokai5.html
18:30オープン 19:30スタート 終演20:30 撤収21:00

・【ライヴ・レポート】里咲りさ、大森靖子と選んだアコギをライヴで初お披露目「泣きそうなくらいうれしい」
http://ototoy.jp/news/83261

・里咲りさ オフィシャルサイト
http://risamusic925.wix.com/satosakirisa
・里咲りさ オフィシャルツイッター
https://twitter.com/risamusic925

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP