ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

城 南海、満員のワンマンホールライヴで圧巻の歌唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東名阪3箇所で開催、各所チケットが即完となり注目を集めていた城 南海のワンマンライヴ『ウタアシビ2016春』が3月19日に日本橋三井ホールで千秋楽を迎えた。

緑や陽の光のようなやわらかい照明に照らされたステージに、鳥のさえずりや、風と葉の戯れる音が流れる会場。開演前から、光で音で、森にいる かのようなやさしい雰囲気に会場が包まれるなか、暗転するステージ。ピアノとウィンドチャイムの音に誘われるように城 南海が登場すると、客席に向かい深くお辞儀をしてから歌い始める。

暗いステージに降り注ぐ一筋の光を受け歌い出したのは「兆し」。どんな困難な状況になろ うとも、希望の光へ向かう人の気持ちを描いたこの曲は、東日本大震災の直後に制作された楽曲だ。やさしく語りかけるように1曲目を歌い上げると、『みなさん、こんばんは!今日は『ウタアシビ2016春』にお越しくださって有難うございます。最後まで楽しんでいってください』とやわらかい笑顔で観客へ挨拶をする城 南海。昨年11月にリリースされたオリジナルアルバム『尊々加那志~トウトガナシ~』に収録された「月と月」「サンサーラ」と続けて披露した後、この日公 開となった映画『つむぐもの』主題歌の「月の砂漠」はじめ、しっとりと歌い上げていく。

時折天を仰ぎながら、腕を拡げ、一言一言大事に歌う城 南海を支えるように奏でるバックバンドの音も、心地よい。昨年はアルバムのアレンジャーとしても城 南海の活動を支えたただすけのピアノや、レコーディングでも共演しているギターの遠山哲郎、パーカッションnotch、チェロ古川淑恵がこの日のバンドメンバー。低音の拡がりと全体を包むような温かさは、アコースティック編成ならではだろう。

中盤では、事前に受けたファンからのリクエストにも応えたというカバーメドレーのコーナーで、「なごり雪」や「遠く遠く」、テレビ東京 『THEカラオケ★バトル』でも歌唱した「月のしずく」「メロディー」などを歌い上げる城 南海。圧倒的な歌声で、これぞライブとその迫力に圧倒される。

続く「島のブルース」のカバーでは、観客にも歌を促し、城 南海・バンドメンバー・観客の歌声が会場に響き雰囲気が和むと、畳み掛けるように「ハルカゼ」「アカツキ」とアップテンポの楽曲で観客を煽っていく。「みなさんとのご縁に感謝して」とデビュー曲「アイツムギ」で本編を終了後、アンコールではピアノと歌だけのシンプルな編成で「紅」を披露。あっと いう間の公演も終わりに差し掛かったところで、「今日は『兆し』から始まって、春の曲や、出会いと別れをテーマにした楽曲を中心に歌わせていただきました。出会いと別れを自分の糧にして、力強く毎日を未来に向かって生きていきたいなと思いました。毎日に感謝して、人だけじゃなくて 自然にも感謝して、全ての物事に感謝することを大事にしていきたいなと思います」と語りかけた城南海。観客へあらためてお礼の言葉を述べた後、奄美の言葉で最大限の感謝を表す言葉である”トウトガナシ”をタイトルとして初めて作詞・作曲を自身で手がけた「祈りうた~トウトガナ シ~」を披露。三味線を手にこの日最後の曲をのびのびと歌い上げ、約2時間に亘るライヴは幕を閉じた。

春のワンマンライヴは終了したが、5月には『THEカラオケ★バトル』コンサートへの出演をはじめ、夏にはワンマンライヴ『ウタアシビ 2016夏』が早くも決定している城 南海。公演に関する詳細はオフィシャルHPで随時発表していくそうなので、続報を楽しみに待とう。

【セットリスト】
1. 兆し

MC

2. 月と月

3 . サンサーラ

MC

4. 白い月

5. 誰カノタメニ

MC.

6. 月の砂漠

MC

7. なごり雪(カバー)

8. 月のしずく(カバー)

9. 遠く遠く(カバー)

10. メロディー(カバー)

MC 

11.キセキノハナ(カバー)

MC 

12.島のブルース(カバー)

13 .ハルカゼ

14.アカツキ

MC

15.夢待列車

MC

16.アイツムギ

<アンコール>

17.紅

18.祈りうた~トウトガナシ~

【ライヴ情報】
城 南海ワンマンライブ「ウタアシビ2016夏」

7月16日(土) 東京 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

7月18日(月・祝) 大阪 心斎橋Music Club JANUS

『城 南海~きずきみなみ~サマーディナーショー2016』

7月10日(日)  千葉 ウィシュトンホテル・ユーカリ コンベンションルーム

※二部制(一部・二部入替制)



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP