体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BEGIN、25周年コンサート千秋楽で約7000人が祝福「また同窓会で会いましょう!」

エンタメ
BEGIN、25周年コンサート千秋楽で約7000人が祝福「また同窓会で会いましょう!」

昨年3月21日に地元・石垣島にある石垣市中央運動公園 屋内練習場特設ステージで行われた「BEGIN25周年記念音楽公園〜石垣島で会いましょう〜」でスタートしたBEGINの25周年記念コンサート。その千秋楽を3月20日に両国国技館で開催、約7000人がお祝いに駆けつけた。

開場後、国技館独特の“枡席”がどんどん埋まっていき、満席BGMと照明が落ちメンバー3人が登場。まず3人だけで一曲目に「昔美しゃ今美しゃ」を披露したあと、「ありがとうございます!BEGINです!ようこそ両国国技館へ!みなさんのおかけで25周年を締めくくることができます。今日はフェスみたいなもの。どうしたってまとまらないんだから最初からとっちからかっていきましょう。年は関係なくみんな同窓生です。お祭りなんで宜しくお願い致します!」とメンバー挨拶。

そして「石垣島の先輩に、お酒はお祝いに飲むのだとよく言われました。そして今日飲まないでいつ飲むんだ!」とアルコール度数43度の泡盛のグラスを「カンパーイ!」と一気に飲み干し、「俺は嫌って言う」、記念すべきデビュー曲「恋しくて」、ピアノの上地等がボーカルの「朝焼けの情景」、カバー曲「I Shall Be Released」を演奏、ステージが本格的にスタートした。

サポートメンバーを呼び込んで、バンド編成となり「今回初めてレコチョクで1位になりました!今日は浦ちゃんになっちゃうよ!皆さんが乙ちゃんです!」という島袋優のMCと共に披露されたのはauのCMで大きな話題になり桐谷健太との共演でテレビ出演も果たした、島袋優メインボーカルの「海の声」。BEGINの新たなスタンダードになりつつあるこの曲を誰もが待っていたかのような大きな歓声が上がった。

その後、ハワイで話題のアサイーボウルのアサイーの実がブラジルが原産であるというハワイとブラジルの繋がりを描いた「アサイーボウル」の他、島袋優が「Rogan’Roll」、上地等が「憧れのアンダー」と、それぞれがメインボーカルをとり、昨年の「JALホノルルマラソン2015」のテーマソングとして12月にハワイのワイキキシェル公演でも披露された「Blessing Rain」で会場を爽快な空気を包む。中盤ではBEGINが考案した楽器“一五一会”の教室メンバーと共に大ヒット曲「笑顔のまんま」を披露、客席も大合唱となった。

後半は31名のフラチーム、“サンディーズフラスタジオ”をステージに呼び込んだ「アロハの花」「涙そうそう」に続いて「ウルマメロディー」ではそこにエイサーの琉球國祭り太鼓のメンバーが加わり、沖縄音楽とハワイアンミュージックが融合し一際華やかに。

フラチームを送り出した後、エイサー隊がさらに加わり、打ち手36名&旗持ち10名、計46名による迫力ある「三線の花」に続き「オジー自慢のオリオンビール」で「ありカンパーイ!」と大きな盛り上がりを見せ、「かりゆしの夜」では比嘉栄昇の「カチャーシー踊りますか!」の呼びかけで客席は総立ち、カチャーシーを踊り両国国技館が一気に沖縄化する。

終盤の、宮城姉妹・サンバチーム“ブロコ・アハスタォン”との共演による(ブラジルのサンバの原型になったリズム)“マルシャ”コーナーでは、自身の曲の他、サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」、比嘉栄昇のギターソロが唸り会場を沸かせた DEEP PURPLE「Smoke on the Water」などカヴァーも織り込み25分のノンストップメドレーとなった。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会