ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ひもの間から肉のはみ出し注意な #レースアップシューズ の履き方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あたたかくなると、素足で出かけたくなる。

この春取り入れたい「レースアップシューズ」は、いかなるコーディネイトの足元もフェミニンに美しく見せてくれる。

履くのが面倒だったり何に合わせていいかわからない…そんな印象が強かったアイテムですが、それをあえてさらりと普段着に合わせてしまうのが今年流。

どんなタイプを選ぶのがいいんだろう?

履きやすさは一番に考えて

A photo posted by ブライトン (@brignton) on Feb 19, 2016 at 1:23am PST

脱ぎ履きするのにひもがほどけてしまって、もう…! なんて事態に、ストレス感じそう…。

いくらかわいくたって、そんな状態だといつのまにか履かずにタンスの肥やしになっていそう。

そんなことにならないように、後ろファスナーが付いているものなど、履きやすさは一番に考えて。

それ以外にも、ひもの間から肉がはみでない歩いてみて当たるところがない…など、「足に合う」を第一に考えて、スマートに履きこなしたい。

デザインで注目すべきは「ひもの密度感」

A photo posted by Tomomi Hirano (@nailageha) on Mar 11, 2016 at 8:45am PST

ひもの長さ、つまり、ひもの密度で見た目の印象が随分と変わるのがレースアップシューズ。

ヌーディめが好きなのか、クロスストラップが目立つ感じが好きなのか…に狙いを定めると、数あるデザインのなかから好きなものをピックアップしやすい。

「デニムと合わせる」がこの春鉄板

A photo posted by miyabi* (@_miyabi_246) on Mar 13, 2016 at 4:40am PDT

A photo posted by Kayo (@gayo01) on Mar 4, 2016 at 9:32pm PST

A photo posted by Sayaka (@sayaka_0523) on Mar 12, 2016 at 4:14am PST

デニムの足元に合わせるのが、今年の春はトレンド。ヒールが高いものから低いものまで、みんな思い思いのお気に入りのレースアップシューズを手持ちのデニムと合わせて楽しんでいます。

カジュアルなデニムの足元も、たちまち女性らしくしてくれて、しかも軽やか!

今年の春は、いつものスニーカーはちょっとお休みして、いい女エッセンスを即注入するレースアップシューズを手に入れてみては?

top image by gettyimages

■ あわせて読みたい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP