ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる。クリエイターの必須アイテムになるかも!

「いつものペン」に
リングを装着するだけ

ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」

アップルペンシルをはじめ、紙に書いたものをデジタル化するデバイスは、これまでにも多くのモノが登場しています。ペンだけに限らず、アプリを使ってメモを撮影することで画像化するようなノートもありますよね。

けれど、ここに紹介する「Slate」は、普段から使っているお気に入りのペンや、愛用のノートをそのまま使って画像をデジタル化してしまうスグレモノ。

紙の上に描いたものを
リアルタイムにデータ化

ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」
ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」

その仕掛けがこちら。ペン先に装着したシルバーのリング。これを持ち方矯正器具と思ったら大間違いです。リング自体に磁気が内蔵されていて、ペンの動きをデバイス側が読み取り、リアルタイムでiPadやiPhoneにその情報を転送してデジタル化するSlateのキモ。ペンの動きに連動したこのリングによって、直接メモ帳やノート、画用紙に描いたものがそのまま取り込めてしまうのです。

着脱可能で、筆を選ばない!

ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」

使い方は、上下からゴム製のアタッチメントでリング自体を固定するだけ。着脱可能なので色鉛筆やボールペン、サインペン、筆といったように、リング穴さえ通すことができれば、あらゆる筆記用具に対応できるのが最大の魅力です。
ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」

Slate本体側は、ゴムでコーティングされたパット状。サイズはiPadとほぼ同等。この上に紙を乗せてリングをはめたペンで描くだけ。もちろん、厚みのあるノートだって問題ありません。

思いついたその場でメモ
後から同期もラクラク

ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」
ペンもノートも選ばない。手書きのイラストをそのままスマホに取り込める「リング型デバイス」

旅行先や仕事の外出先でiPadが手元になくてもSlateさえあれば、帰宅後にデータを転送できるモードやiCoudへのデータバックアップも可能。いつでもどこでもアイデアを書き留めたり、イラストに起こすことができるので、クリエイティブ系の職種の人はきっと重宝するはず。もちろん、会議の内容をメモしたり、授業ノートとして使えば、モバイルとの連動もバッチリ!

Slate本体は日本円にして約1万7,000円、リングが2,200円ほど。現在のところ、日本へのシッピングは実施されていないようですが、そう遠くないうちに日本でも手に入る日がきそうな予感。詳しくは専用サイトで。

Licensed material used with permission by iskn

関連記事リンク(外部サイト)

たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
「手のひらサイズ」のドローンが予約開始!3万円で機能も充実
アプリと連動して、レシピの提案からカロリー計算までしてくれる「スマート弁当箱」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。