ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口組分裂騒動 幹部と組員の利害不一致あり抗争起きない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 暴力団対策法の制定から25年。暴力団の構成員数は減ったとされているが、その存在が消える日が来るようには見えない。とくに日本最大の広域指定暴力団である六代目山口組から神戸山口組が分裂したことで、一般市民の日常生活にも影響が出るのではないかと危惧されている。暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏が、山口組分裂騒動について論じた。

 * * *
溝口:現実問題として、暴排条例で厳しく取り締まられているから、暴力団はシノギができない。金も将来性もないのが分かりきっているから若い人が集まらない。若い人は親分の「部屋住み」からはじめて、まさに雑巾がけも含め、親分や兄貴分に顎で使われる生活に耐えられない。それで、現在の暴力団は高齢化している。

鈴木:いい物が食えて、いい車に乗れて、いい女が寄ってくる……。昔ならそんなヤクザに憧れたんでしょうけど、現実は厳しいですからね。

 私が「いまは貧乏ヤクザばかりだ」などと雑誌に書くと、「儲かってる奴もいるんだから、そう書いてくれ。若いもんが来なくなる」とお願いされる(笑)。長年取材していると暴力団の変質を感じざるをえません。今回の山口組分裂騒動は、暴力団の変化を象徴していると感じます。溝口さんは分裂騒動をどう見ていますか?

溝口:抗争が起きないのが、とても不思議です。

鈴木:確かにびっくりするほど静かですね。

溝口:そこには組織内部の上層部と中堅層以下の組員の利害の不一致があると言えます。上層部は若い衆が抗争を起こしたら困る。というのも暴対法改正で「使用者責任」を問われるようになり、組長に累が及ぶようになったから。

鈴木:組のために行動を起こす「組事」の量刑も極端に上がりました。組の掟に従って敵対相手を殺したら、情状酌量などなく無期懲役以上は間違いない。

溝口:「70歳過ぎて刑務所は勘弁してくれ」というのが、組長たちの本音でしょう。一方、中堅層以下、若い人たちにとっては、「ケンカしてこそヤクザ」。しかし暴排条例のせいで、夜の街でたとえば客引きにバカにされても、返し(報復)もできなくなった。ほかの勢力を侵食しなければ新たなシノギもできない。「ケンカも返しもできないヤクザなんてやってられるか」という気持ちがある。

鈴木:私は若い子分たちが当事者感覚を持たなくなったのが、抗争が起こらない一因なのではないかと思います。

溝口:分裂された側の六代目山口組の中でも、神戸山口組に対する抗争は「やるなら名古屋(弘道会)がやればいい。わしらは知らん」と、本心ではそう考えている連中が多いんだろうね。

鈴木:そう思います。でも弘道会も大組織だから、弘道会内部でも「うちはやらない。○○さんのところがやるべきだ」と考えている。

 結局、抗争できないのは実行犯がうたって(自白して)しまうからでしょう。昔は捨て駒のヒットマンを仕立てればよかった。しかしいまはよほど芯が強く、信念があって自白しないヤツでなければつとまらない。取り調べで落ちてしまえば、実行を命じた幹部や組長も一網打尽でやられてしまう。

溝口:懲役が長くなったから、ヤクザ映画のように出所後、幹部になれるわけでもないからね。出てきたときに組自体があるか分からない。

鈴木:先ほど溝口さんが指摘したように親分と子分の絆がなくなり、意思疎通ができていないから、みんな疑心暗鬼です。親分は使用者責任が問われるから、「抗争を起こすぞ。やったヤツは最後まで面倒を見る」とは絶対に言えない。

 昔なら若い衆は親分に言われなくとも、阿吽の呼吸で動けたのでしょうが、今はそれもできない。それが現状でしょう。

溝口:だから、六代目側が不利なのは間違いない。そもそも山口組を割ったのは神戸側。六代目側は神戸側に報復を加えるのが彼らにとっての筋ですが、それができない。

鈴木:警察も手ぐすね引いて待っていますからね。地方の名もない暴力団を取り締まるより山口組のほうが何倍も効果がある。

 警察は縦割りだから大阪、兵庫、愛知の各府県警が手柄を取ろうと張り合っている。何かあればすぐに警察が飛んでくる。抗争を起こせる状況ではないですね。

 とはいえヤクザは、抗争を起こさなければ、存在意義が脅かされると思っている。山口組は関東のヤクザが暴力事件を回避するのを見て「ヤクザのくせにケンカもできねえのか」とバカにしてきた。その立場が逆転しました。

●すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。『実話時代』編集などを経て、フリージャーナリストに。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)、『山口組 分裂抗争の全内幕』(宝島社、共著)など著書多数。

●みぞぐち・あつし/1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『暴力団』『続・暴力団』(ともに新潮新書)、『新装版 ヤクザ崩壊 半グレ勃興』(講談社+α文庫)など著書多数。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
山口組大分裂 暴力団社会における「最後の抗争」との見方も
山口組分裂 警察は危機感煽り双方を追い詰め兵糧攻めを狙う
ヤクザを調査せぬ税務署 「署員を危険な目に遭わせられぬ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP