ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この春のテーマは“巻きドーリーアップ”で!? スタイリストおすすめのヘアメイク&撮影コースを『すきじかん』で体験

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日によっては暖かく春を感じる季節。冬場とは違ったヘアに挑戦してみたい! ……とお考えの人も多いのではないでしょうか。『オタ女』では、NTTドコモが提供している“体験の定期便サービス”『すきじかん』でもラインナップされているヘアメイク&撮影コースを、モデル・DJの篠崎瑞希さんに体験してもらい、この春のトレンドのスタイルを探ってきました。

今回、ヘアメイクと撮影を行って頂いたのは、東京・恵比寿にある“MINT”。恵比寿駅西口より徒歩8分ほどのところの雑居ビルの2階にある、隠れ家的なヘアサロンです。

AAAバスト向けランジェリーブランド『feast』のモデルを務める篠崎さん。すらっとした長身と大きな瞳が印象的。明るめのストレートヘアから、どのように変身するのか……。見ている側としても期待がふくらみます。

まずは、ヘアメイク前に撮影。撮った画像は後日にデータで送られます。BeforeとAfterの両方を比べて見られるというのはいいかも。

特にアイデアのない場合でも、スタイリストと相談しつつ決めることができます。今回は、担当のNATSUKOさんの提案で、春らしさとお人形っぽさを合わせたパーティー仕様のスタイルに。

まずはチークやファンデーションにほんのりピンクを入れ、ドーリーフェイスにメイクアップ。繊細なファンデ使いで春らしさを表現していきます。その後でいよいよヘアメイク。篠崎さんは、NATSUKOさんの使うツールについて質問するなど、そのテクニックに興味津々といった様子。

今回のヘアメイクで一番のポイントになったのはカール。毛先にかけてきつめに、真ん中は大きめに巻かれているのが特徴的。ここで使ったコテは篠崎さんも気に入ったようで「私も買おうかな」とつぶやいていました。

約60分ほどが経過して、ほぼ完成に。

ここで2回目の撮影。『MINT』のスタッフは、ほぼ皆がデジタル一眼を使えるとのこと。

下ろした状態だと、よりゴージャスかつドーリーで、顔のラインをすっきり見せるのにも良さそうです。

さらにアレンジで、アップして巻いていきます。うなじが見えると、ちょっと大人っぽい印象に。

完成後、3回目の撮影。

しっかりと巻いてありつつ、動きも感じさせる“巻きドーリーアップ”スタイル。篠崎さんは「トレンドの先を行っている感じがある」とコメント。この春に流行の兆しがあるパステル調のコーデにも、モノトーンでもどちらでも相性の良さそうなヘアスタイルです。

現役モデルも納得のスタイリングを施した“MINT”のNATSUKOさんによれば、『すきじかん』で体験に来る人によっては「撮影することを考えて、洋服を何着か持参される方もいらっしゃいます」とのこと。自分のご褒美や記念日、イベントなどの前にヘアメイクをお願いしてみるというのもアリかもしれません。

ちなみに、『すきじかん』は現在3か月間お試しキャンペーンで、月額4900円にて5000~1万円相当のコースが体験可能。300以上ものコースの中には、ヘアメイク&撮影のほかにリフレクソロジーや酸素浴、さらには乗馬やパラグライダーなど、普段なかなか経験できないようなものも含まれています。もし、「やってみたい!」というコースがあるのであれば、ぜいたくな時間の使い方をしてみてはいかがでしょうか。

すきじかん プロモーション動画 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=NlRy2zSYPz0 [リンク]

“MINT”(ヘアサロン)
 
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-5-9内藤ビル202
アクセス:各線恵比寿駅から徒歩約8分

営業時間:月~金曜日 10:00~21:00/土・日曜日、祝日 10:00~20:00
定休日:火曜日、第3月曜日

すきじかん 体験マガジンとチケットの定期便サービス
https://sukijikan.com/

篠崎瑞希オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/mizuki-shinosaki/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP