ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレスコーズ、盟友おとぎ話と歩んだR.I.P.ツアーファイナルを横浜で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月19日、神奈川・横浜ベイホールにてドレスコーズのツアー「the dresscodes R.I.P. TOUR」ツアーファイナルが開催された。ドレスコーズは現在、志磨遼平のソロプロジェクトとして活動しており、そのライブは様々なサポートメンバーが「ドレスコーズ」に加入して行うことでも注目されるライブスタイルをとっている。

今回の「the dresscodes R.I.P. TOUR」は毛皮のマリーズ活動期からの盟友「おとぎ話」をサポートメンバーに浜松・広島・神戸・新潟・盛岡・横浜で開催され、レア曲を葬る「R.I.P ツアー」と銘打たれたドレスコーズのツアーだ。ツアーファイナルのみならず全会場SOLD OUTし、本日開催された横浜ベイホールにも開場前から多くのファンが駆けつけていた。

開演ブザーが鳴ると大きな歓声が上がり、ライブは4月27日に1,000枚限定でアナログ盤もリリースされる毛皮のマリーズ1stアルバム「戦争をしよう」収録曲「BOYS」からスタートした。その後も「COWGIRL」「小鳥と私」「或るGIRLの死」と毛皮のマリーズの楽曲が次々とおとぎ話の演奏上でパフォーマンスされていき、その後もドレスコーズの「レモンツリー」「(She gets)the coat.」「Silly Song, Million Lights」、オーディションからは「嵐の季節(はじめに)」「メロウゴールド」等、毛皮のマリーズ、ドレスコーズ問わずライブでは数える程しかパフォーマンスされなかった楽曲や数年振りにパフォーマンスされる楽曲のみ全16曲、そしておとぎ話の最新アルバム「CULTURE CLUB」収録曲「COSMOS」の全17曲で構成された。

ドレスコーズは今後、5月11日にライブ映像作品「SWEET HAPPENING the dresscodes 2015 “Don’t Trust Ryohei Shima”JAPAN TOUR」をリリースし、ライブにも参加した越川和磨(THE STARBEMS, ex.毛皮のマリーズ)と志磨遼平及び制作ディレクターが参加するLIVE Blu-ray & DVDの“全世界最速”先行上映会 & 公開オーディオコメンタリーを4月1日に東京・豊島区民センター文化ホールで開催する。

Photo by HAJIME KAMIIISAKA

the dresscodes R.I.P. TOUR
3月19日 at 横浜ベイホール
セットリスト

1. BOYS
2. COWGIRL
3. 小鳥と私
4. 或るGIRLの死
5. レモンツリー
6.(She gets)the coat.
7. Silly Song, Million Lights
8. 嵐の季節(はじめに)
9. 平和
10. JUBILEE
11. COSMOS / おとぎ話
12. 上海姑娘
13. メロウゴールド
14. クライベイビー
15. BABYDOLL
ENCORE
En1. ベイビー・モートン
En2. 愛に気をつけてね

関連リンク

ドレスコーズ Official Websitehttp://dresscodes.jp/
ドレスコーズ EVIL LINE RECORDS Websitehttp://www.evilline.com/thedresscodes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP