ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【地元めし】『ゴルゴ13』が置いてある店は優良店である説が浮上 @『三味』相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

相模原市の定食に特化した”地元めし”的なシリーズですが、早くもピンチで御座います。そもそもが、地元の記事は

「誰もが知っている美味しい店」

から順番に書いているので、後半になればなるほど苦戦を強いられるのは目に見えています。勿論、誰も知らないようなマニアックな店で奇跡が起きる事もあるのですが、それはあくまで奇跡です。滅多にありません。

というわけで、自分で書いておいて企画自体を全否定な筆者ですが、あえて言おう!

「100本書けば何本か当たると思う」(極論)

そもそもが相模原の”地元めし”と言う地味な企画ですので、地味に続けたら光る時もあるんじゃないですかね?

みたいな生暖かい目で記事を見守ってくれる優しさが、21世紀の日本にもあっても良いと思うんです。

六地蔵ら辺にある『三昧』

すでに”六地蔵ら辺にある”と言う時点で相当にマニアックなロケーションで御座います。ゆえに客層は、ほぼほぼ近所の人がガテン系の人達しか居ません。

駅近でもなく観光地的な要素も皆無なので、ここら辺は盛り上げようがないので、サクっと実食に移ります。

『ゴルゴ13』が置いてある店は優良店である!

サクっと実食に移ると言ったな?

あれは嘘だ。

定食屋さんに何を求めるかは人それぞれですが、筆者的には昼休みの時間を有効に使うってのがあります。

なので、ボーっと定食が出て来るのを待つのはナンセンスで御座います。

そんな時、あの日本を代表するハードボイルドアクション『ゴルゴ13』があったら、どうでしょうか?

ほぼほぼ確実に読むでしょうがって話ですよ、お客さん。

あと、店の入り口の手書き感がジワジワ来る筆者です。今は店舗専門の業者が外装をやるので、こういうのは貴重なんですよね。

『カツカレーライス』を食す!

適度に尺を埋めたので実食に移ります。

以前、この『三味』の『とんかつ定食』(ランチタイムは800円)を食べて、それなりに満足した筆者は迷いなしで『カツカレーライス』(ランチタイムは800円)をオーダーします。

写真を見ると、さしてボリュームがあるようには見えませんが、この昔っぽい洋食皿の深さが結構あるので、全体的に物足りない感はありません。

まさに”地元めし”にふさわしく、ガテン系(ほぼ死語)の人達でも問題ないボリュームかと存じます。

豚カツは揚げたてだぞ!『三味』

そこは当たり前だろって話もありますが、ランチタイムなど激混みが予想されたり、あまり揚げ物を頑張らない店だと

「揚げ置きされた豚カツ」

とかがリメイクされて出て来るので要注意です。まあ、ここら辺は以前のリサーチで結果を知っているので安心してオーダーしたわけなんですけどね。

ちなみに豚カツ的には普通でしょうか?

ほぼほぼ普通の厚さの豚ロースを使った豚カツで、褒めるべき点もディスるべき点も見当たりません。

若干、この『三味』の豚カツを『とんかつ赤城』と比べて酷評するパターンもあるようですが、そもそも『とんかつ赤城』は定食にすると、お値段的には安くはないので土俵が違います。

では、カツカレーと言うジャンルで見たらどうでしょうか?

確かに『とんかつ赤城』のカツカレーはコスパにも優れているのですが、基本的に昼は並ばないと食べられません。

つまり!

”地元めし”と言う観点で見ると昼休み時間内で食べる事が出来ないという、定食屋さんとしては致命的なデメリットがあるのです。

まあ、ここら辺の事情は人それぞれなので、時間が取れるという人は『とんかつ赤城』のカツカレーを食べれば良いって事でファイナルアンサーで御座います。

カレーは普通だ!『三味』

業務用ならではの”モッタリ感”のあるカレールーは、味もこれまた業務用で御座います。

ちょっと黄色っぽい昔懐かしいカレーでして、さしてスパイス感もなく平凡な仕上がりですが、逆にこの手のカレーライスが好きな人にはド真ん中かもしれません。

他にも味噌汁と、ちょっとした小鉢があるので定食的にはオッケー牧場なんじゃないでしょうか?

ランチタイムは食後にコーヒーが出る模様

ランチタイムだとサービスでコーヒー的な何かが出るので、ここで再び『ゴルゴ13』タイム突入です。

さして混んでいるわけでもないので、のんびりと昼休み時間を満喫出来ます。

ご馳走様でした!

『三味』 総評

あえて遠方から訪れる程じゃないんだけれども、近場で飯を済ませたい的なシチュエーション、まさに”地元めし”のテーマ的にハマる『三味』かと存じます。

確かに定食800円と言うのは、チェーン店や安い定食屋さんと比べると、微妙な割高感もあるかもですが、食後にコーヒーが出るのでトータルで見たら普通だと思います。

逆に普通過ぎてコメントに困る感は否めませんが、それが”地元めし”なのでこんなもんでしょう。

というわけで、是非みなさんも相模原の六地蔵周辺で飯を食べようと思った時は、この『三味』を思い出して下さい。

『三味』(さんみ)

住所:神奈川県相模原市緑区下九沢1926-8

営業時間 11:00~14:30 17:00~20:30
定休日:日曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP