ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファッショニスタ必見☆英国の名門「セントマーチンズ」が日本初の授業を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョン・ガリアーノステラ・マッカートニーアレキサンダー・マックイーンといった数々の有名デザイナーを輩出したロンドンの芸術大学、Central Saint Martins(セントラル・セント・マーチンズ)が、日本で初めての海外授業を開催します。

4月16日(土)と17日(日)の2日間、東京・五反田の東京デザインセンターにて開催されるプログラムのテーマは“ファッションデザインコミュニケーション”

2日間に渡る濃密なプログラム

授業では“作品を介してのアイデアやストーリーの伝え方”に焦点をあて、長年にわたり欧米で高い評価を得ているセントマーチンズ的なリサーチプロジェクトに挑戦します。

また2日目にはファイナルプレゼンテーションも予定しており、授業は英語と日本語の2ヵ国語で行なうそう。

世界レベルの講師が授業を担当

参加対象となるのは、現在ファッションデザイナーとして活躍している人、もしくはファッションの素養がありポートフォリオを持っている人というから、本気でデザイナーを目指しているなら学生にもチャンスがありそう!

講師はイヴ・サンローラン、ヴォーグジャパン、Wonderland誌などを経て、現在はセントマーチンズ校ファッションデザイン科で教授しているMs Maria NISHIOが担当するとのこと。

授業料は4万5000円、定員は20名のこのコースは、参加者にセントマーチンズから修了証も授与されるそうなので、いつか海外のクラスで学んでみたいと思っていた方には朗報かも。

新年度のスタートに大きな一歩を踏み出してみる?

「セントマーチンズ 海外授業in東京」の詳細・申込みはこちらから。
http://www.unicon-tokyo.com/event/archives/2016/03/41617.html

ファッション(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP