ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サイモン・ペッグ、スティーヴン・スピルバーグの映画『 Ready Player One (原題)』に出演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米ワーナー・ブラザースとヴィレッジ・ロードショーが製作中の、スティーヴン・スピルバーグのSFスリラー映画『Ready Player One(原題)』に、サイモン・ペッグが出演交渉中であることが分かった。

契約が成立すれば、ペッグはタイ・シェリダン、オリヴィア・クック、ベン・メンデルソーンらと共に、2011年に出版されて世界的なヒットとなったアーネスト・クラインによる同名SF小説(邦題は『ゲーム・ウォーズ』)の仮想空間「オアシス」の世界に参加する。

物語の舞台は、人類が現実世界よりも『オアシス』と呼ばれる仮想世界で生きることを好むようになった2044年。オアシス開発者の死後、オアシスの世界に隠された宝を巡り、シェリダンは冷酷なライバルと争う若者役を演じる。

ペッグは、オアシスの共同開発者であるオーゲン・モローの役で出演交渉中だ。Netflixのオリジナルドラマ『Bloodine(原題)』に出演するメンデルソーンは、悪役としての出演が決まっている。

スピルバーグは、自身の製作会社アンブリン・パートナーズを通してドナルド・デ・ライン、クリスティ・マコスコ・クリーガー、ダン・ファラーらと共に『Ready Player One(原題)』をプロデュースする。

ワーナーは映画『Star Wars: Episode VIII』との競合を避けるため、本作の公開日を当初の2018年5月30日から3ヶ月前倒しして2月9日に変更した。

ペッグは、映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』で、トム・クルーズやジェレミー・レナーと共に主演を務めた。また7月に米国公開の映画『スター・トレック ビヨンド』では、キャストのほかに共同脚本家としても名を連ねる。

ペッグはUTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、ハンセン・ヤコブセン、英国ではドーン・セドウィック・マネジメントと代理人契約を結んでいる。このニュースはHollywood Reporterが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP