ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Drop’s、映画『無伴奏』の主題歌「どこかへ」のコラボMVを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Drop’sが「どこかへ」のMVを解禁! 同曲は直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』 の矢崎仁司監督が成海璃子×池松壮亮×斎藤工で完全映画化する映画『無伴奏』の主題歌となっている。

MVは映画本編映像の他、編集でカットされた成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜の出演する海のシーンなどからのカットも含まれており、4人のファンにとっても貴重なMVとなっている。

『無伴奏』の主人公・響子は辛いことも経験する設定だが、「どこかへ」は、本編のラストシーンの後に流れるということを想定して映画を観た中野ミホが書き下ろしており、MVは映画本編の中でも三拍子のラブソングである「どこかへ」に合う優しいシーンを中心に構成されており、映画の舞台となる1969年〜1971年の時代の風景にDrop’sがマッチしている。またMVに出演しているnon-noモデルの遠藤新菜からも熱いコメントが届いているので、こちらも是非チェックしてほしい。

また、全国ワンマンツアー中のDrop’sだが、すでに即日完売となった3月26日の丸の内TOEIで行なわれる初日舞台挨拶に中野ミホがゲスト登壇することが決定。「どこかへ」を弾き語りバージョンで生披露するとのことだ。

4thフルアルバム『DONUT』を5月にリリースすることを先日発表したばかりのDrop’s。目覚ましい活躍を見せる彼女たちから目が離せない。

(C)2015「無伴奏」製作委員会

【遠藤新菜(高宮エマ役)よりコメント】
中野ミホさんの説得力あるどっしりとした歌声に、この作品への 容易く言葉にしたくない大切な全ての想いがびったりと合わさって、 演奏が盛り上がる瞬間のあのズシっとくるサウンドと映像に、 堪えていた涙が溢れました。愛おしくて仕方ありません。 ただの主題歌だと思われては困ります。 Drop’sのアツい想いがあっての、映画「無伴奏」なんです。

「どこかへ」× 映画『無伴奏』Music Video
https://youtu.be/DPmxkAP6nzg

【映画『無伴奏』舞台挨拶 詳細情報】
3月26日(土)  丸の内TOEI

※9:40〜の回上映後に実施予定

■登壇予定者

成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、矢崎仁司監督

■ゲスト

中野ミホ(Drop’s)

http://theaters.toei.co.jp/theaters/marunouchi1/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP