ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コブクロが東京タワーとBGMでコラボ、一晩限りで「桜色」にライトアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気象庁が3月21日、東京の桜(ソメイヨシノ)の開花を発表した。そしてこの開花の日より、東京タワーにゆかりのあるアーティスト、コブクロの「桜」、そして映画『orange』主題歌の大ヒットシングル「未来」が東京タワー館内BGMとしてスタート。桜前線北上の最終地である北海道の桜が咲くゴールデンウィークまでOAされる。

3月21日の夜、東京タワーは桜色に輝く「さくら開花ピンクダイヤモンドヴェール」を日没に点灯した(〜23:00まで点灯)。本ライトアップは、東京に桜前線が到達したことを記念して行うもので、1年で1日限定の点灯となる。

また、東京タワー×コブクロ「桜コラボ」が5月8日まで開催される。

東京タワーでは、コブクロの季節限定シングル「未来 Spring Package」(2016年3月23日発売、完全生産限定盤)のジャケットパネル展示を、大展望台2階で開催中。

併せて、「東京の桜の開花」が発表された日から、コブクロの代表曲「桜」、映画「orange-オレンジ-」の主題歌「未来」の2曲と、コブクロ本人のオリジナルメッセージが、18時以降にフットタウン1階と2階、1階正面玄関前などで定期的にオンエア。期間はどちらも5月8日まで。

東京タワーとコブクロの縁は、レコード大賞楽曲「蕾」が、ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(2007年放送)の主題歌だったことにはじまり、2009年のシングル「虹」のリリース時には、東京タワーが“虹色”にライトアップされた。

イベント情報
さくら開花ピンクダイヤモンドヴェール
催事名称「さくら開花ピンクダイヤモンドヴェール」
※今年で3回目、雨天決行
点灯日時:気象庁が「東京の桜開花宣言」を発表した日の夜 日没〜23:00まで(1日限定)
点灯内容:ピンク1色のダイヤモンドヴェールを点灯
※23:00〜24:00は、オレンジ色の「ランドマークライト」を点灯。

関連リンク

コブクロ オフィシャルサイトhttp://kobukuro.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP