ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実話をもとにしたアニメ『SUSHI POLICE』の勢いが、どんどんエスカレート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年1月6日よりTOKYO MXで放送されている5分アニメ『SUSHI POLICE』のアイデアは、実際に起きた騒動が元になっているそう。ホームページにはこう書かれています。

※スシポリス事件とは?2006年、海外で間違った日本食の蔓延を危惧した日本政府が、正しい日本食を認定する制度「海外日本食レストラン認証制度」の創設を発表したところ、「スシポリスがやってくる!」と揶揄して海外メディアが一斉にバッシングを展開、日本政府は実施を見送った。

まるで作り話のような珍事件。しかし、実際に「The Washington Post」の記事を引用した「Sushi police is coming!(スシポリスがやってくる!)」なんて投稿もあった模様。なるほど食文化を扱った作品かーー。そう思いフタを開けてみたら、予想のナナメ上を行く衝撃的作品でした!

スシポリスが
間違った寿司屋を殲滅!?

「寿司が泣いている…」。

トレイラームービー冒頭のセリフがまず強烈です。セリフはデータ分析官スズキとアンドロイド捜査官カワサキを率いるスシポリスのリーダー、ホンダが発したもの。彼らの目的は、海外にはびこる間違った寿司を取り締まること。

日本政府があのまま制度を実施していたらーー、を過激なフィクション作品に仕立てあげたもののようですが、いささかテンションが張り詰めすぎており、名言(迷言?)連発中。

インターネットでは、「そもそも正しい寿司ってなんだ?」なんて質問や、「それを選ぶのは人間ではない、寿司だ!」との作中のセリフをオウム返しするつぶやきのほか、禅問答のような問いが繰り広げられる謎の現象が発生。

食文化を通じてワールドワイドに人間ドラマを描くのかな…なんて思いきや、アンドロイド捜査官の首はもげるわ、ワサビガンで食事中の利用客を撃ちまくるわ、問答無用で寿司レストランが爆破されるわと、その行いは極悪非道そのもの!


しかも、ストーリーの展開はどんどんエスカレート。最終的には巨大怪獣まで登場します。え〜!

「巨大怪獣スシラ」登場!

第11話

巨大怪獣スシラとの戦い(前篇)

アメリカ・ニューヨークに突如、巨大怪獣スシラが現れる!!

どんな話になってるのか想像することは難しいでしょう。とは言え、どんなシーンが描かれるのかが無性に気になる内容ではあります。2016年3月23日の放送で後編が放送される予定ですが、一体どんな決着になるのでしょうか。

じつはこのアニメ作品、TOKYO MXの開局20周年を記念したもの。「これでいいのかMX」なんてコメントも散見されていますが、ジワジワと人気を集めている模様。

ちなみに、主題歌はあの「OK GO」と「Perfume」の共作!たしかに豪華ですよね。タイトルは「I Don’t Understand You(あなたのことが理解できない)」。つっこみたくなるポイントだらけで、つい見てみたくなっちゃいませんか?

放送時間は毎週水曜日の深夜25時から。SUSHI POLICEと巨大怪獣スシラの激闘を、是非その目で確認してみて!

Reference:Sushi police is coming!
Licensed material used with permission by SUSHI POLICE

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
【バイト代38万円】JAXAが「狭いところが得意な人」を募集
Twitterで話題「おじいちゃんの方眼ノート」が便利すぎる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP