ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かわいい子には靴下を履かせるな?裸足信者の母と真冬に大げんか、娘は風邪…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

娘が1歳をすぎて歩き出した頃、寒い冬がやってきました。

去年の冬はまだ寝てばかりだったので、あたたかい布団の中に寝かせておくだけで良かったのですが、今年はそういう訳にもいきません。

娘の足は冷たいフローリングのせいで、いつも冷たくなっています。

娘はこれまではずっと裸足だったのですが、かわいそうだったので初めて靴下を履かせてみることにしました。

最初は『歩きにくいんじゃないのかな?』と心配していたのですが、娘はすぐに慣れた様子で、靴下を履いたままでも上手に歩き出したので、ほっとひと安心。

それから毎日靴下を履かせるようになりました。

ある日、靴下を履かせたまま実家へ遊びに行った時のこと。母は娘が靴下を履いているのを見て

「なんで靴下なんて履かせとるとね!すぐに脱がせんばダメよ!」

と怒り出しました。

理由を聞いてみると、この前TVで見た育児番組の中で、

「赤ちゃんは裸足で育てるのが一番!靴下を履かせていると脳の発達に悪影響がある」

と紹介されていたと言うのです。

その内容をすっかり信じていた母は、娘の靴下をすぐに脱がせてしまいました。

案の定、次第に娘の足は冷たくなってしまい、時折くしゃみまで出る始末。

見かねた私は

「風邪引いたら元も子もないから、靴下履かせるからね!」

と言って、娘に靴下を履かせました。

母はまた怒って

「あんたはいつも子どもを甘やかせすぎ!そう言えばあの時だって……」

と、靴下とは関係のないことにまで文句を言い始めたので、私も頭にきてとうとう口げんかが勃発!

散々口論した後、どちらが正しいのか決着がつかないままその日は別れました。

翌日、娘は朝から鼻水はズルズル、咳はゴホゴホ。すっかり風邪を引いてしまったようです。

それを聞いた母が責任を感じて、

「病院へ行った方がいい」

と言うので、娘と私と母の3人で病院へ行くことにしました。

診察室に3人で入り、先生に診断してもらうとやっぱり『風邪』との診断。

良い機会なので、あの『靴下を履かせるべきか否か』の質問を先生に聞いてみることにしました。

先生は、

「靴下ですか?」

とちょっと苦笑しながら

「お母さんは寒かったら靴下を履きますか?」

と私に聞き返しました。

私が

「履きます」

と答えると、

「そうでしょうね。大人の人は履きますよね。だったら赤ちゃんにも履かせていいんじゃないでしょうか?手足が冷たい時は寒がっていると思いますよ」

と言ったのです。

それを聞いた母が

「裸足で育てないと発達に悪影響が出るってTVで言っていました」

と言うと、先生は

「確かにそういう育児論も聞きます。でも発達に悪影響というほどのものじゃないと思いますよ」

とキッパリ。そして私たち2人に

「お母さん、おばあちゃん。靴下がどうこう言う前に、娘さんが手足が冷たい時は上着を1枚多く着せてあげてください。今回みたいに風邪を引かせてたら、発達がどうこう言っている場合ではないと思いますよ?」

と言ったのです。

これには私たち2人も納得。

あれだけ頑固だった母もすっかりおとなしくなりました。

TVやインターネットなどでいろいろな育児論が紹介されていて、何を信じたらいいのかわからなくなってしまいますが、あれこれ悩む前に、こうしてかかりつけの小児科の先生などに直接相談するのが一番いいのかもしれません。

それをあらためて実感した出来事でした。

著者:かのぽむ

年齢:32歳

子どもの年齢:4歳の息子と1歳の娘

海辺の田舎町で4歳の息子と1歳の娘、二人の育児に奮闘中の専業主婦です。趣味は羊毛フェルトでハンドメイド作品を作ること。最近は月日の流れがとても早くて、毎日忙しいながらも充実した日々を送っているんだなと感じています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

寝返りもハイハイも飛ばして「ジャンプ!」8ヶ月の息子が身につけた驚きの移動法
赤ちゃんから1人の人間へ。1歳児の目まぐるしい成長は、親にも嬉しい発見が一杯!
離乳食が進まないのは、偏食のせい?歯が生えてこないせい?盲点だった「私」の課題

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP