ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中性子照射でがん細胞を攻撃する「ホウ素中性子捕捉療法」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放射線治療は、照射範囲や角度、照射量の調節などの技術が進み、正常細胞をできるだけ傷つけないようになっている。しかし、正常細胞と、がん細胞が混在しているような場所では副作用があり、治療しにくいという問題があった。そこで、がん細胞を特異的に攻撃する治療として研究が進んでいるのが、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)だ。

 BNCTは、がん細胞に集積されやすいホウ素化合物を事前に点滴しておき、腫瘍に向けてエネルギーの低い中性子を照射する新しいがんの治療法だ。がん細胞の中で、中性子とホウ素化合物が核反応を起こし、X線より強力な粒子線が放出され、がん細胞が死滅する。しかも、その粒子線の飛散範囲は、約9マイクロメートルと狭いので、正常細胞を傷つけることがない。

 国立がん研究センター中央病院放射線治療科の伊丹純科長に話を聞いた。

「BNCTの原理は、アメリカで考案されたのですが、その後の研究は日本を中心に行なってきました。BNCTは、かつて中性子を出すのに原子炉が必要でしたが、当病院では昨年11月に、世界初の固体リチウム標的を用いて小型化した病院設置直線加速器BNCTを開発しました。リチウムに陽子を当てて、低いエネルギーの中性子を取り出すことに成功。患者の被ばくのリスクを低減することも可能となりました」

 BNCTの実用化には、効率よく大量にホウ素をがん細胞に取り込ませる必要があるため、ホウ素化合物としてボロノフェニルアラニン(BPA)というアミノ酸製剤が考案された。がん細胞が分裂をするのに大量のアミノ酸を消費する。

 そこで、BPAを投与するとアミノ酸を取り込もうと、がん細胞には多くのBPAが集積する。中性子はホウ素化合物にしか反応しないので、正常細胞を通り抜け、ホウ素化合物を多く集積したがん細胞に取り込まれることになる。正常細胞にもごく一部集積するが、圧倒的にがん細胞に取り込まれるので、選択的に治療が可能となる。

 治療に際し、患者には事前にBPAを点滴で投与する。中性子が照射される金属製の丸い器具を、腫瘍部分に密着させる。エネルギーの低い中性子を照射すると、がん細胞に取り込まれたBPAと、中性子が核反応を起こし、粒子線が発生して、がん細胞を死滅させる。腫瘍の大きさにもよるが、照射時間は30分程度で、その間は痛みや熱さなどはまったく感じない。大半が1回の治療で終了となる。

「治療できる腫瘍は、皮膚から6.5センチ以内の体表に近いものが対象となります。BPAが腫瘍に集積するかどうかは、事前に施行されるPET(陽電子放射断層撮影)で確認できます。今後装置の利用実験を行ない、1年後を目指して悪性黒色腫の治験も開始する予定です」(伊丹放射線科長)

 悪性黒色腫は、BPAがよく集積するため、BNCTが高い効果を示す。BNCTは、悪性黒色腫だけでなく、手術が難しい頭頸部(とうけいぶ)腫瘍や放射線治療後に再発した頭頸部腫瘍などで劇的な効果がある。今後その治療効果や対象疾患の広がりなどに期待がかかる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
京大チームが研究の放射線新治療法 がん細胞だけを破壊可能
北大が研究中の新放射線治療 がん組織を効率良く狙って破壊
がん細胞を直に集中攻撃 極小カプセル「ナノマシン」の威力

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP