ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ハラハラからのホッ」が癖になるグルメマンガ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【マンガ紹介】『おしゃべりは、朝ごはんのあとで。(2)』秀良子/小学館/700円

 本コーナーでもたびたび取り上げておりますが、グルメマンガブームが止まらず、まさにおなかいっぱい状態な昨今。それでも、待ってました! と2巻を即買いしたのは『おしゃべりは、朝ごはんのあとで。』。引きこもりがち(自称「ふとん妖怪」)な著者が自腹で朝ごはんを食べに出かけるエッセイマンガです。

 このマンガの何が好きかって、それはもう著者・秀良子の「食べっぷり」につきます。──というといかにも豪快な姿を想像するかもしれませんが、さにあらず。もっとずっと切実なお姿なのです。基本、寒いとか眠いとか人見知りとか「負」の状態の著者の体に、選りすぐりのうまい朝食がしみ込み(じゅわっという音が聞こえるよう)、あるいは電流のように駆け巡り、みるみる元気になる…この「ハラハラ→ホッ」のループが癖になるのです。

 ホテルでエッグベネディクト(ビュッフェ付き4000円なり)を食べて〈テッテレー〉とファンファーレが鳴り、香川のかまたまやま(かまたま+山かけ)うどんで天使が降臨、北海道のたらばガニサンドで「アイムウィナー」と勝どきをあげ、ニューヨークでは顔面サイズのタマゴサラダベーグルをぎゅむっぎゅむっと噛み〈すべての玉子に…幸あれ…〉とつぶやく。2巻でも1口ごとに生気を取り戻す秀さんがたまりません。

 しかし。巻末の描き下ろしで卵かけごはんを食べ比べているのですが、3杯食べて(たった3杯で!?)〈ごる ごる ごる〉とおなかを壊したところで終わっているのです! ああ、これでは「ハラハラ」で止まったまま…秀さん、早急に3巻で「ホッ」を描いてください!

(文/門倉紫麻)

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
納豆+アボカド、納豆+トマト&オリーブオイルでおしゃれ丼
女子ウケバツグンのカラフルなケーキ風おにぎりサンドレシピ
食欲がない夏場の朝にもサクッと食べられるお手軽朝食レシピ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP