ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の「マンメイド(人工)ラグーン」が、潮力発電の未来を担う!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生み出すことができるようになるといいます。太陽光や地熱など、様々な自然エネルギーが注目を集めていますが、潮の満ち引きを使った「人工ラグーン」っていったいどんなもの?

潮の満ち引きを
利用した自然エネルギー

スウォンジー湾の満干による水位差は約8.5mと大きく、これは世界でも2番目だとか。この水位差を利用して生み出すのが「潮力エネルギー(タイダル・エネルギー)」です。プロジェクトを簡単に説明すると、水力タービンを含んだ全長約9.5kmの防波堤を作り、そこで潮力エネルギーを発生させるというもの。

1日に4回
エネルギーを生む


満潮時と干潮時、それぞれエネルギーを発生させることができるので、24時間で4回も発電できることになります。もし実現した場合、スウォンジー湾周辺に住む人々の年間電気使用量の約90%を120年間に渡って生み出せる、そんな試算まで出ているんだそう。

成功すれば
他の海にも応用できる!?

開発チームによると「人工ラグーンで明確なコントロールをすることにより、生態系の混乱は現状よりも減るのではないか」とのこと。さらに、遊歩道や釣り、マリンスポーツを中心とした観光事業にもつながり、様々な雇用も生み出せると自信をのぞかせます。

「人工」というのも大事なポイントで、つまり成功すれば他の海にも適用できるということ。プロジェクトを詳しく紹介している動画も、一見の価値ありです。

Licensed material used with permission by Juice Architects

関連記事リンク(外部サイト)

世界の衝撃的な「10の真実」。多くの人は気づいていない・・・
100%土に還る オシャレな使い捨て紙食器「WASARA」
軽くて強い 竹を使った「バンブーバイク」が世界の貧困国で走る日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP