ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

その瞬間、娘の動きがスローモーションに!母娘2人のお風呂で思わぬハプニング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160204143439j:plain

初めての出産の際、実家にお世話になりました。

娘が生まれてからも、自宅に戻るまでは主人抜きの生活でした。

慣れない赤ちゃんのお世話の中で、特に大変だったのが沐浴。

出産に伴う腰の痛みがひどくても、夜泣きによる寝不足でどんなに眠くても、毎日の沐浴はわたしの役割。

両親に

「沐浴やってみる?」

と声を掛けてみたものの、

「自分の子ならまだしも、人様の大切な赤ちゃんをお風呂に入れるのはこわい」

との返事。

「そりゃそうだよね。わたしでもこわいのに!」

と笑いながら話したのを覚えています。

九州の実家から関東の自宅に戻ってからも、しばらくはベビーバスでのお風呂。

主人は仕事で帰りが遅いことが多く、実家にお世話になっていた時と同様、結局わたしが娘をお風呂に入れていました。

お湯が熱すぎないかしっかり確認したり、顔にお湯がかからないようにしたり、せっけんが目や口に入らないよう気をつけたり。

毎回、細心の注意を払いながら娘をお風呂に入れていました。

片手で頭を支えて、もう一方の手で体を洗っていると、頭を支えている方の手が痛くなることも!

首がすわっていない赤ちゃんをお風呂に入れるというのは、思った以上に気力と体力が必要でした。

娘がもうすぐで3ヶ月になるというころから、わたし自身も洋服を脱いで娘と一緒に入浴。

まずはお風呂場の入り口に娘を寝かせ、顔が見えるよう扉を開けたままサッと自分の体や髪を洗う。

次に、娘の服を脱がせて体を洗って、最後に2人で湯船につかって上がる。

このような流れを続けるうち、娘とのお風呂にもずいぶんと慣れてきました。

ところが、事件は突然起こりました。

いつも通り体を洗い終わって湯船に入ろうとしたその時。

わたしの手から娘がツルッ!

「あっ!」

そう思った時にはすでに遅く、娘はわたしの手の中から離れ、お風呂のお湯にバシャーン!

娘が落ちていくその瞬間は、まるでスローモーションのように見えました。

落ちた勢いで顔までお湯をかぶった娘。

すぐに抱っこして救助したものの、娘はそれはもうびっくりした様子

「ギャー!!!」

としばらくは泣き止みませんでした。

娘が手から離れた時、わたしはすでに浴槽の中にいて中腰の状態。

高い場所から落ちたわけではなく、どこかにぶつけるということもなかったのは不幸中の幸いでした。

わたしは娘の無事を確かめると、

「ごめんね」

と言いながらギュッと抱きしめました。

その後の娘ですが、翌日は何事もなかったかのように手足をバタバタと動かしてお風呂を楽しんでいる様子でした。

あの事件があってからは、濡れた床で滑ったり娘を落としたりしないよう、より一層気をつけてお風呂に入れています。

f:id:akasuguedi:20160316220639j:plain

著者:NeNE-P

年齢:30代

子どもの年齢:1歳

音楽と英語に囲まれて楽しく子育て中。おてんば娘の笑顔がわたしの原動力!

現在、音楽クリエーター&フリーライターとして活動中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

初めてのお風呂、まさかの脱糞!?フワッと舞って湯船を浸食…の恐怖 by のばら
上の子を放ったらかしにしない、下の双子授乳術。我が家流『セルフ授乳』で成功!
保育先が決まった途端、突然のミルク拒否。育児は思い通りにならない、と痛感!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。