ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

KDDI、CEATECイベントの展示内容を発表、音声振動レシーバー搭載スマートフォン試作機を展示

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KDDIは9月27日、10月4日(火)~8日(土)までの間、千葉・幕張メッセで開催される最先端IT・エレクトロニクスショー『CEATEC Japan 2011』への出展内容を発表しました。

イベントでは、「HTC EVO 3D ISW12HT」や「MOTOROLA PHOTON ISW11M」、「ARROWS Z ISW11F」、「DIGNO ISW11K」、「AQUOS PHONE IS13SH」、「MEDIAS BR IS11N」といった新作スマートフォン、「ビジネスタブレット -TOUGH- ETBW11AA」など『最新商品』の展示、アドレス帳サービス「au one Friends Note」や写真自動バックアップサービス「au one Photo Air by Eye-Fi」、Android搭載セットトップボックスの活用事例『最新サービス』の展示、LTE商用設備やEV-DO Advanced、下り100Mbpsを実現する「WiMAX2」など『最新ネットワーク』の展示、そして、KDDIと京セラが共同開発したという「新開発の音声振動レシーバーを搭載したスマートフォン試作機」など『最新技術』の展示が行われるそうです。(展示内容はKDDIのWEBサイトに掲載されています。)

KDDIが別途発表した「新開発の音声振動レシーバーを搭載したスマートフォン(試作機)」ですが、これは、耳に接触させることで耳の中で音を発生させることができる「音声振動素子(仮称)」をスマートフォンに搭載したというものらしい。従来の骨伝導携帯とは異なり、通話用のスピーカーがこの素子と置き換えられており、ディスプレイパネル全体が(優しく)振動することで、従来のスマートフォンと同じく、端末を耳にあてるだけで振動が耳の中で音声に変換され、鼓膜に伝わっていくそうです。

具体的には、ヘッドホンを装着して音楽を聴いている場合や、騒音などで耳栓をした状態でも、その上から耳に端末をあてるだけで通話できるそうです。通話用スピーカーが「音声振動素子」と置き換えられることでスピーカー穴が不要になり、端末の防水・防塵性能を高めることが可能になるほか、パネル構造がシンプルになり、コストダウンも見込まれるとか。2012年中の商品化を目指すとのこと。
Source : KDDI       


(juggly.cn)記事関連リンク
ZTE、Light Tab 2 / 3S、1GHzクアッドコアCPU搭載端末など複数のAndroidタブレットを公開
HTC、10月6日に開催するプレスイベントでBeats Audio搭載機種を発表か
Samsung SC-03Dと富士通 F-03DがBluetooth SIGの認証を通過

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。