ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プライバシー重視の人に!メール暗号化の「ProtonMail」が正式リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アップル社と米国捜査当局FBIの「iPhoneロック解除」問題は、大きな論争を起こしている。

賛否は分かれるところだが、もしあなたがアップル側の主張に賛同するなら、このほどリリースされたメールクライアント「ProtonMail」は一考の価値がありそうだ。

・IPログの記録なし

ProtonMailは、電子メールをエンドツーエンドで暗号化するというもの。捜査当局などの外部、そしてProtonMailそのものも、ユーザーのメールにアクセスすることはできない。

というのも、IPログを記録しないようデフォルト設定されている。機密情報を扱う人だけでなく、普段からプライバシーを重視する人にとってかなり有力な選択肢となる。

・「プライバシーは人権」理念

ProtonMailは「電子メールのプライバシー確保は基本的人権」との考えのもと、マサチューセッツ工科大学の研究者らによって生まれ、スイス拠点に全世界で展開されている。

2014年から招待制で利用できるようになり、ジャーナリストや活動家、ビジネスパーソンらが活用しているという。

・1日150通までは無料で

そしてこのほどアプリが正式に公開され、誰でもウェブ、iOS、Androidで使用できるようになった。

無料バージョンでは、アドレスは1つ、1日あたりのメールは150通、ストレージ容量は500MBまで。メール件数が多い人、複数のアドレスを使い分けたい人向けに有料バージョンも用意されている。

端末の情報管理を強化する流れにある昨今、注目を集めそうなアプリだ。

ProtonMail

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP