ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでベッドのよう!旅先での快眠を約束する寝袋「Bundle Beds」が登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

不安と期待を抱えて旅をするあなたを、あたたかく包み込んでくれる相棒といえば、寝袋ですよね。

旅には欠かせない必需品の1つとして切っても切れない存在ですが、今あらゆるところで「旅に不向きな寝袋」と話題にあがっている「Bundle Beds」をみなさんご存知でしょうか?

「旅に不向きとはなんぞや?」ということで、今回はその真相に迫りたいと思います!
 

とにかくサイズが大きすぎる

Bundle Bedsさん(@bundlebeds)が投稿した写真 – 2016 3月 8 9:31午後 PST

「Bundle Beds」の難点ともいえるのが、190cm×60cmに設計されたこのサイズ感です。
 
寝袋を選択するときに、自分の身長+10cmのものを選ぶと余裕があると言われていますが、このサイズ感だと180cm以下の人はかなり大きく感じてしまいますよね。

付属のバッグがあるとはいえ、いくらコンパクトに収納できたとしても荷物になってしまうのが想像できます。
 

なぜ軽量化を目指さなかったのか

Bundle Bedsさん(@bundlebeds)が投稿した写真 – 2016 3月 5 5:10午前 PST

身軽に動き回りたい旅人にとって、荷物の軽量化は避けては通れない問題です。ではなぜ、「Bundle Beds」はその軽量化にこだわらなかったのか。

そこにはひとつの潔さがありました。

photo by www.kickstarter.com

「どこでもいつもと同じように眠りたいわ」

ロンドン在住のアウトドアカップルであるJamesとLucyは、日頃から「旅先でもベッドと同じように眠りたい」と願っていました。そんな2人の想いがこのとことん寝心地にこだわった「Bundle Beds」という商品を誕生させたのです。
 

軽量化に勝るその持ち味とは

Camping With Styleさん(@campingwithstyle)が投稿した写真 – 2016 2月 6 5:49午後 PST

とことん寝心地にこだわったというのだから、並大抵の性能じゃ満足できないですよね。軽量化を捨ててまでの価値を見出せないと買いたくないのが本音です。しかし、心配することはありません。
 
なんといってもこの「Bundle Beds」は撥水性に優れた羽毛布団を贅沢に使用していることから雨にも強く、あたたかさも普段のベッドで寝ている感覚と変わりません。ご丁寧に合成ダウンの枕もセットになっています。

これさえあればキャンプでせっせとテントを組み立てなくても、快適な睡眠を味わうことができるのです。
 

まだまだ侮ることなかれ

photo by www.bundlebeds.com

その強みは掛け布団だけにとどまりません。マットレスは厚さおよそ5cmに膨らみ、その方法も付属のノズルを回すだけで自動に空気が入るという優れもの。
 
マットレスカバーを取り外して洗濯することも可能なため、泥にまみれる旅先でも清潔感を保つことができます。
 

ほんとに旅に不向きなのか?

photo by shutterstock

旅人にとって、異国の地で眠るというのは緊張する瞬間の1つではないでしょうか。

これさえあれば格安ホテルの硬いベッドで寝不足になることもありませんし、カウチサーフィンでお世話になる時に「ベッドを持参してるんだ」なんて言ってしまえば会話の掴みもばっちりです。
 
たしかに持ち運びには少々難ありかもしれませんが、お金がなくて空港泊するときにも最適な代物だと言えます。
 

気になるお値段は?

Bundle Bedsさん(@bundlebeds)が投稿した写真 – 2016 2月 29 6:01午後 PST

子供用が日本円にして約1万3000円、大人用が約1万8000円です。最高の寝心地を持ち運べると思えば、高い買い物ではないのではないでしょうか?
 
ちなみに、あなたは1日の大事な睡眠、布団代にいくら支払えますか?私は100円くらいかなと考えていましたが、それでも1年間分として計算すると約3万6000円ほどになります。

そう考えると「Bundle Beds」が手の届く価格に思えませんか?
1年間旅をし続けても、1日50円ほど。決して「Bundle Beds」の回し者ではありませんが、ロングスリーパーで睡眠に貪欲な筆者にとってはとっても魅力的な代物です。
 

まとめ

いかがでしたか?筆者が何回「Bundle Beds」と言ったか、あなたはわかりましたか?正解は、9回でした!

なぜか唱えたくなってしまう「Bundle Beds」。さまざまなアウトドアシーンで活躍するこの潔い新時代の寝袋を、誰よりも先駆けて使用してみるのはいかがでしょうか。
 
きっと旅先で素敵な夢を見られること間違いなし!ただし、気持ちが緩んで寝すぎに注意です!

購入サイトはこちらです。
便利な旅のツールをお探しの方におすすめの記事はこちらです
整理整頓が苦手な人に!荷物を3.81cmに収納できるグッズ「Luggashelf」が登場!
世界一周の旅先はこれで決まり!「目的から行き先を検索できる」機能をBooking.comが発表!
アウトドアにぴったり!どんなコートにも装着できるヒーター「Touch」が登場

関連記事リンク(外部サイト)

現地調達したものはこれ!25歳女子が、3ヶ月間の世界一周中に買い足した6つの物
日本人が海外に行った時に愛しく感じるものはコレだった!
回転するロープウェーで山頂へ!スイスの穴場ティトリス山とは?
おんぼろ宿も怖くない!ドミトリーを快適空間にする8つの持ち物

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP